需要が高まる半導体で動画活用するには?活用できる方法や事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
需要が高まる半導体で動画活用するには?活用できる方法や事例をご紹介

需要が高まる半導体で動画活用するには?活用できる方法や事例をご紹介

半導体で動画活用のカギは認知とプレゼンにある!

半導体は電気伝導性が良い金属などの導体と、電気抵抗率が大きい絶縁体の中間的な立ち位置にある物質です。
工業系の学校や仕事など、自発的に学ぶ機会がなければ半導体の性質や製造工程を知る人は少ないでしょう。知る人が少ないと仮定した場合、半導体業界における動画活用は認知やプレゼンにあると考えられます。

認知やプレゼンで動画を活用できるとわかれば、今度はどのような映像を撮れば良いのか迷いが出てくるでしょう。こちらの記事では半導体業界の認知につなげられる方法と、プレゼンで動画活用する事例をご紹介いたします。

認知を上げるには半導体の製造工程を見せる

半導体の製造工程を伝える

前述した通り、半導体の製造工程は工業系の学校や仕事など、自発的に学ぶ機会がなければ知る人は少ないでしょう。製造工程の動画は物作りが好きな人からすると心躍る映像です。
参考事例としては三井金属計測機工株式会社がアップロードした製造工程の紹介動画。
動画では電子部品の実装から外観検査、組立までの工程を映像にしています。半導体の製造工程を文章や画像で説明したWebページはありますが、未経験者は実際に作っている光景を見ないとイメージは難しいでしょう。

製造に必要な工程を動画として公開し、視聴者に教育、またはノウハウがあると見なされて仕事につながる可能性もあります。

半導体製造の職業紹介に使う

製造工程を見せる動画の活用としては、職業紹介も挙がります。半導体の製造や業務内容のイメージができない方のために準備しておくと、採用のミスマッチ減少につながります。
参考事例として厚生労働省がアップロードした職業紹介動画。
職業紹介動画は職業の概要を紹介する動画を配信しており、こちらは半導体製造がテーマです。半導体製造の風景を映しつつ、仕事内容をナレーションで話す動画構成となっております。

得られる情報として、人間の仕事は製造のための設備や装置・機械の操作・監視が主な業務であるのがわかります。

会社説明に使う

半導体を主に扱う企業であれば、製造工程を見せながら会社説明につなげられます。自社の製造工程を隠さず見せると、業務内容のイメージ、または新たな仕事の獲得につながる可能性もあります。
参考事例としてキングストンテクノロジーがアップロードした製造工程見学ツアー。
キングストンがメインで扱うDRAMの製造工程を映像で流しながら、会社に関する情報をナレーションで伝えています。会社はどのようにして展開、仕事内容や高い品質を維持できる理由をナレーションや映像を通して教えてくれます。

製造工程を見せて信用性を持たせる

商売において大切なのは信用です。製造工程を見せるのは、透明性と信用を高められます。
製造するスタッフの働きや検査の様子を取り入れると、導入を検討する消費者を安心させられるでしょう。
参考事例としてリープトンエナジー株式会社がアップロードしたモジュール生産工程の動画。
リープトンエナジー株式会社は太陽電池モジュールを扱った会社で、動画では生産から出庫までの過程を流しています。技術者がどのようにして作業や品質チェックしているかを確認できます。
導入を検討している消費者に購買の決断をさせてくれるでしょう。

半導体や関連サービスのプレゼンで使う

半導体製造装置の部品をプレゼンする

巣籠もりやリモートワークが多くなった影響で、消費者にはパソコンなど半導体を使った商品が必要になります。IoTやAIが普及していく流れもあるため、半導体の需要は高まり、大量生産が求められます。半導体の大量生産をビジネスチャンスと捉え、製造装置に使う部品をプレゼンするのも良いでしょう。
参考事例としてレモジャパン株式会社がアップロードした耐熱コネクタソリューションのプレゼン動画。
こちらは半導体製造装置の課題と対策を挙げつつ、レモジャパン株式会社が提供する部品をプレゼンする内容となっております。2021年4月時点で半導体不足と言われる状況下、効率の良い製造を求められているでしょう。課題解決のために提案を行い、使用する部品の購入を促せます。

半導体製造システムをプレゼンする

半導体製造装置の部品ときたら、次は製造システムのプレゼンが挙がります。半導体の需要が高まる中で、既存にはない半導体を作らなければならない場面が出てくるでしょう。
悩みを解消するために新たな製品やサービスが生まれるように、既存にはない半導体を製造するシステムが生まれる可能性もあります。
参考事例として産業技術総合研究所(以下:産総研)がアップロードした小さな半導体製造システム・ミニマルファブのプレゼン動画。
ミニマルファブとは産総研が考案した半導体製造システムです。本来はクリーンルーム内でしか作れなかった半導体の製造が場所さえあれば作れるようになります。

最初の内にシステムの魅力やコンセプトを述べ、取り入れた未来を想像させるようなプレゼンをしています。地方で物作りのやりやすさ、ニッチな市場へのチャレンジなどビジネスの選択肢を広げられるシステムであるのがわかります。

半導体装置部品の保守メンテナンスサービスの紹介

部品や製造システムときたら、次は保守メンテナンスです。長い間半導体を製造し続けるシステムを稼働させるには、適切なメンテナンスが必要になるでしょう。メンテナンスができる企業であれば、半導体製造システムを扱う会社に動画を見せることで、定期的に仕事を取れる可能性が生まれます。
参考事例として株式会社協同インターナショナルがアップロードした保守メンテナンスサービスの紹介動画。
動画にナレーションはなく、イラストや画像をアニメーションで動かすだけの映像になります。イラストや画像だけでも、会社がどこまでのサービスを提供してくれるかがわかりやすいでしょう。
半導体製造工場の保守メンテナンスで気になる点があれば、連絡して欲しい旨の意図を感じられる動画です。

会社のブランディング

半導体における動画活用で忘れてはいけないのが、会社のブランディングです。実績、生産量や品質の良さを訴える動画を作るのも良いでしょう。
参考事例として株式会社アドバンテストがアップロードした群馬工場ツアーの動画。
動画がアップロードされた2018年からどのように動いていくかを最初に宣言し、工場で行う作業工程を説明しています。技術の進化に合わせて対応、会社や現場が進化しようとする気持ち、税関から「特定輸出者」の承認実績。会社の実績をはじめとしたブランド力向上を考えて作られた動画のように思えます。

まとめ

半導体業界の認知につながるパターンと、プレゼンで動画活用する事例をご紹介しました。

2021年4月時点ではIoTやAIの普及に伴い、半導体の需要が高まっています。効率良く性能の良い半導体を作るために製造関係はビジネスチャンスです。
また、需要に合わせて生産する際に管理する人手が足りなくなるのも考えられます。動画を上手く活用し、人材確保や利益アップにつなげていきましょう。

メディア博士では定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えしています。
撮影手順から情報発信、改善提案など動画作成のお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら