【初心者向け】企業が動画内製化を続けるべき理由とは|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【初心者向け】企業が動画内製化を続けるべき理由とは

【初心者向け】企業が動画内製化を続けるべき理由とは

5G回線の登場により、誰もが気軽に動画を視聴できる環境が整いました。動画市場はさらに拡張し、今後はさまざまなシーンで動画活用が期待されます。
これから動画市場に参入しようと検討している企業は、外部のプロに映像を依頼するのではなく、内製化で取り組む必要があります。本記事では、動画制作を内製化すべき理由について詳しく解説します。

動画内製化の4つのメリット

企業が外部に映像を発注するのではなく、企業内での内製化を実現すると、大きく分けて4つのメリットがあります。それぞれのメリットについて、詳しく解説をしていきます。

コスト削減が可能

映像を内製化にすることで、コストの削減が可能です。外注で映像制作を依頼すると、簡単なweb動画でも数万円のコストが必要になります。CMやYouTube動画を制作すると、さらに費用が必要になり、膨大なコストが必要になる可能性があります。
一方で、内製化を進めることができれば、従業員への給料のみで映像を制作することが可能になり、映像制作に必要な費用を抑えた映像制作が可能です。

外注トラブルを避けることが可能

映像制作を外注すると、さまざまなトラブルに直面する可能性があります。動画の質が制作費用に左右されることはもちろんのこと、依頼した映像が、企業の思いが不十分に反映され希望している映像が完成しないことも考えられます。
映像制作を内製化することで、社員どうして動画のゴールやイメージの共有はもちろんのこと、費用によって映像の質が左右されてしまう恐れもありません。外注を続けていると、相手の都合によって映像制作を引き受けてもらえないことも考えられます。
動画制作を内製化にすることで、外注のトラブルを回避し、品質の高い映像を制作するように心がけましょう。

スピーディーな対応が可能

動画を内製化することで、スピーディーな映像制作が可能になります。外注の場合、担当者のスケジュールによって撮影日の調整はもちろんのこと、完成までのスケジュール調整をおこなう必要があります。スケジュール調整が出来ない場合の対策として、他の制作者に依頼することも可能ですが、その都度プロジェクトのすり合わせが必要で、制作時間が必要以上に長くなってしまう恐れも考えられます。
一方で、内製化をして担当社員を複数人で編成すれば、スタッフの対応が難しい場合でも、別の社員では説明なく、スムーズにカバーすることが可能になります。

内製化することでスキルが向上

内製化をして動画制作を継続的におこなうことで、映像制作のスキルが蓄積されていきます。映像制作のノウハウが蓄積されると、さまざまな映像制作での転用が可能になり、CM、PV、研修動画など、さまざまなジャンルのコンテンツを同じノウハウで作ることが可能です。
長期的な視野で検討すると、メリットが多いため内製化事業を積極的に検討してください。

内製化するための手順

内製化を実際に進める際には、どのような手順でおこなうべきなのでしょうか。内製化を進めるための手順について簡単に解説をしていきましょう。

段階的に内製化へ移行する

内製化を進める際に気をつけなければならないことは、一気に進めるのではなく段階的にすすめることです。動画制作の経験が無ければ、素人で制作をしても失敗をしてしまう可能性があります。
初期段階では、映像制作に詳しい外部の人間に依頼をするか、映像制作のプロを社員として雇い、動画制作の流れをはじめとした基礎知識を学習するように意識してください。内製化を進めるのであれば、最少人数で負荷のかからない動画制作をおこない、段階的にチーム人数や制作本数を増やすように心がけてください。

内製化後はマニュアルを作成

動画制作が出来るようになったタイミングで、マニュアルを制作してください。マニュアルを制作することで、新しく動画制作に参加したスタッフとの情報共有を意識するように心がけましょう。
マニュアルを制作する際に気をつけることは、動画の制作工程を淡々と紹介するのではなく、なぜその工程が必要なのか、制作側の思いを反映しながら制作することが大切です。
社員同士の意思疎通を図るために、マニュアルを制作する際は、作業工程と動画制作チームの思いを反映しながら制作するように心がけてください。

支援ツールの活用を検討する

内製化を進める際には、支援ツールの活用も大切です。SNSのトレンドを調べるための支援ツールはもちろんのこと、動画制作をサポートする支援ツールの活用も検討してください。
支援ツールを導入することで、編集技術や撮影技術が素人程度のスキルでも、プロ顔負けの映像制作が期待できます。
支援ツールは作業時間の効率化にも繋がるため、動画制作を検討しているのであれば、支援ツールの導入も検討してください。

内製化を失敗しないために注意すべきこと

動画内製化を進めても、失敗してしまうこともあります。失敗を回避するためにどのようなことが必要になるのか、注意すべきことについて詳しく解説します。

制作までのスケジュール感を把握する

動画の企画立案から編集までに1ヶ月程度の期間が必要になります。動画制作に慣れないうちは、制作スケジュールがさらに伸びてしまう恐れもあり、プラン通りに進まないことも珍しくありません。
動画投稿日から最低でも1ヶ月程度が必要になることを想定しながら、動画投稿を計画してください。動画をスケジュール通りにおこなうためには、動画ストックを充実させておく必要があります。余裕のある更新スケジュールを設定し、動画制作をおこなうようにしてください。

明確なゴールを設定する

動画を制作する際には、ゴール設定を明確にしてください。動画内製化をゴールにしてしまうと、動画制作は可能になっても、動画を視聴したユーザーにどのようなアクションを取って欲しいのか分からない状態で視聴される可能性があります。
動画の投稿がゴールではなく、動画を通して企業の商品を認知してもらう、何らかのアクションをしてもらうことが大切です。内製化をする際には、動画制作における明確な目標を設定するように心がけましょう。

継続的に動画制作をおこなう

動画制作をしても、すぐに結果が出ないことがあります。特にYouTubeをはじめとしたSNSの動画コンテンツでは知名度が無ければ、動画が埋もれてしまうことも珍しくありません。
動画を投稿する際大切なことは、継続なコンテンツ制作が重要です。
最低でも半年間は結果が出ない可能性があると考えながら、継続的に動画制作に取り組むように心がけましょう。長期的な視野で動画内製化を検討することがプロジェクト成功の近道です。短期的に検討するのではなく、長期的な視野で動画制作に取り組むようにしてください。

まとめ

・内製化をすることでコスト削減が可能
・動画内製化を検討するのであれば段階的に導入を検討する
・支援ツールを活用して素人では対応できないポイントをカバー


企業が動画内製化を進めることで、映像制作の現場をスムーズにするだけでなく、訴求力の高い映像を制作することが期待できます。本記事で紹介したポイントに注意をしながら動画制作の検討をしてください。
メディア博士は動画制作を円滑にするサポートツールです。3つの簡単なSTEPでの映像制作が可能になります。動画制作を内製化し、より品質の高い映像を制作したい方は、当サービスをご検討ください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら