営業コスト削減に動画制作がおすすめな理由とは!?|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
営業コスト削減に動画制作がおすすめな理由とは!?

営業コスト削減に動画制作がおすすめな理由とは!?

コロナ禍になり、従来の営業から新しい営業スタイルへ変更した方も多くいるのではないでしょうか。自社でYouTubeチャンネルを開設する予定がない企業でも、動画をビジネスツールとしての活用することが可能です。
本記事では、動画がなぜ営業コストを削減するのか、どのようにしてコンテンツを制作すれば、動画として効果が期待出来るかについて詳しく解説します。

動画が営業コスト削減につながる理由

動画を制作することが、なぜ営業コスト削減につながるのか、疑問を抱いている方もいるかもしれません。動画を制作することで、営業コスト削減につながる理由について詳しく解説をします。

紙媒体での資料を制作する必要がなくなる

営業資料を制作すると、紙媒体での資料制作が必要です。場合によっては、商品の特徴やメリットを説明する動画を、数日かけて制作をする必要があります。
動画を制作することで、商品説明をする際に、動画を展開すればどのような商品か利用者に向けて情報発信が可能なため説明の手間を省くことが可能になります。
従来であれば、営業先に商品カタログを配布する必要があり、場合によっては持ち運びが大変になることもありました。
動画を制作することで、商品説明をする際にはパソコンやタブレットで情報を展開し、メールでデータでのやりとりも可能なため、営業担当への負担も大幅に減ります。

外注費のコストが安い

従来のプレゼン資料を制作する際には、チラシやカタログを制作するための費用が必要でした。一方で動画の場合、費用が発生する場合でも、最小限のコストに抑えてコンテンツの制作が可能です。
フリーランスの映像制作者に依頼を相談すれば、1本あたりに必要な制作費をコントロールしながら動画を制作することも難しいことではありません。

営業に必要な必要経費の削減が可能

営業をする際には、実際に顧客先に訪れて商品を説明する必要がありました。最近ではオンライン会議を活用して、商品を説明し営業をかけることも難しいことではありませんが、プレゼン資料のみで営業をおこなうと、受け手に思うように情報が伝えられず、成約へと結びつかないこともあります。
動画を制作すれば、商品の特徴やサービスを分かりやすく解説をするだけでなく、成約につなげることが期待出来るため、オンライン営業の成約率が高くなる可能性があります。

動画との親和性が高い

動画コンテンツが普及したことにより、動画を活用した営業資料に抵抗を感じないユーザーが多くいます。YouTubeをはじめとした媒体で映像資料を制作すれば、URLを共有するだけで、受け手に対して簡単に営業をかけることも可能です。
営業資料が無い状況でも、スマホからURLを共有し商品やサービスの概要を見てもらうことも可能なため、動画コンテンツは汎用性の高い営業資料としての効果が期待できます。

営業コスト削減につながる動画コンテンツ制作で気をつけるべきこと

動画を制作する際には、3つのポイントを意識して動画を制作すると、コスト削減につながる営業資料の制作が可能です。動画コンテンツを初めて制作する方は、特に意識をしながら制作をするように心がけましょう。

目的を持って制作をする

営業資料用の映像コンテンツを制作する際には、必ず目的を持って動画コンテンツを制作することをおすすめします。特に意識すべきことは、動画を視聴するターゲットを明確に定めたうえで、コンテンツを制作することです。
目的を持って動画コンテンツを制作することで、動画を視聴したユーザーに対して商品やサービスを利用したいと考えてもらい、成約につなげられる可能性が高くなります。
動画コンテンツを制作する際には、必ず何のために制作をする動画なのかについて意識をしながら制作をしてください。

低予算で制作をする際はスライド形式の動画を制作する

動画制作に予算をあまりかけられない方は、低予算で映像を制作する方法を検討してください。予算を抑えて動画コンテンツを制作する方法として、画像、音声、ナレーションを活用したスライドショー形式の動画があります。
スライド形式の動画であれば、撮影工程が不要なためスピーディーに編集をおこなうことが可能です。
予算が十分に確保できない場合や、コスト削減を目的として映像を制作しようと検討している方は、1本あたりに必要な動画のコストを検討し、予算内でどのような映像コンテンツが制作出来るのかを検討してください。

2次展開出来るように動画コンテンツを制作しコストを削減する

動画を制作する際には、2次展開を視野に入れて動画コンテンツを制作することが大切です。例えば、企業向けに、商品解説をする動画を制作する場合、動画素材の一部を切り取り、SNSで投稿すれば、同じ動画を消費者へも商品の説明が可能です。
動画を制作する際には、1本の動画を再利用することを意識しながら動画を制作し、制作に必要なコストを削減していきましょう。

営業動画の活用シーン

営業動画はさまざまなシーンで利用が可能です。それぞれ動画制作時に注意すべきポイントがあるため、制作時には注意をしながら動画コンテンツを制作してください。

オンライン営業

営業資料として最も活用しやすい動画が、オンライン営業で利用する動画コンテンツです。オンライン営業で活用する動画を制作する際には、時間尺に注意をしながら動画を制作してください。
オンライン会議ツールによっては、音声がうまく流れないなどトラブルも考えられるため、営業中に操作トラブルにならないように、あらかじめテスト配信をおこない、映像が正しく放映されるかを確認してください。

お客さん向けのメールマガジン

最近では、お客さんに送るメールマガジンに動画を添付して説明をするケースも珍しくありません。メールマガジンに動画を添付すれば、文字や画像だけでは伝えることが難しい内容も、分かりやすく説明することが可能です。
一方で、メールマガジンの受信者の端末によっては映像が視聴できないケースも考えられます。映像視聴出来る環境を考慮して、YouTubeを限定公開設定にして、共有するなど工夫することも大切です。
定期的に商品やサービスを紹介するメールマガジンを共有しているのであれば、動画の配信方法を検討しながら共有をしてください。

展示会・イベントで活用が可能な映像コンテンツ

展示会やイベント会場で、タブレットに商品やサービスの映像を放映すれば、タブレットで来場者に対して、商品やサービスを解説する説明動画を制作することが可能です。
既存の営業用に制作した動画を、展示会用の動画として活用も可能です。一方で会場の状況によっては映像の音声が聞き取れず、動画を最後まで視聴してもらえない可能性も考えられます。
テロップをつけて、来場者がテロップを追えば映像が理解出来る構図を意識しながら、動画を制作してください。

まとめ

・動画が営業ツールとして活用が可能
・効果的に活用するために動画制作前に構成を練る寝る


動画は営業ツールとして活用出来るだけでなく、営業コストを大幅に削減することが期待出来るツールとして活躍が期待出来ます。
営業のあり方を見直そうと検討している担当者さんは、本記事で紹介したポイントに注意しながら動画コンテンツを制作してください。
素人の力で動画制作が難しいと悩んでいる方は、動画を簡単に制作出来る支援ツールの活用がおすすめです。メディア博士は簡単な3つのSTEPで動画を制作する支援ツールです。訴求力の高い営業用動画の制作が可能です。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら