そのテロップ本当に効果的?必要性のある魅力的な動画テロップを制作する方法|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
そのテロップ本当に効果的?必要性のある魅力的な動画テロップを制作する方法

そのテロップ本当に効果的?必要性のある魅力的な動画テロップを制作する方法

映像コンテンツを作成する際に、テロップを映像に入れようと訴求力の高いコンテンツの作成が可能です。動画テロップを入れる場合、具体的にどのようなことに注意をしてテロップを入れるべきか、基礎的なテクニックを紹介します。
動画コンテンツを作成する際の、テロップ生成の参考に役立ててください。

テロップが必要な動画コンテンツとは

テロップが必要な動画コンテンツとそうでないコンテンツがあります。まずは、動画の中で必ずテロップが役立つ動画コンテンツとは具体的にどのようなものがあるのかについて、詳しく解説します。

商品・サービスを紹介する映像コンテンツ


テロップが必要な動画の中に、商品・サービスがあります。商品やサービスを紹介する動画コンテンツの中にテロップを入れると、視聴者に商品価格、サービス概要などを細かく紹介することが可能です。

商品の特徴など、商品のアピールポイント箇所をテロップに反映させれば、出演者の言葉だけではなく、テロップでも視聴者に高いアピールが出来ます。
商品価格や特徴を反映する際には、テロップに座布団を反映させ、視聴者の興味を惹きつけるようにしてください。

視聴者への補足説明


出演者が話している情報を補足説明する際、テロップを使うことでより情報を分かりやすく解説します。テロップでは、正確な情報を入れることができるため、出演者が話忘れている情報などを、補足解説としてカバーが可能です。

さらに、出演者が動画の中で間違っている説明をしている際は、補足テロップで出演者の話が間違っているという旨の修正も可能になります。
情報を補足するだけでなく、撮影後の修正ツールとしてテロップが活躍します。視聴者に情報が伝わりにくく、動画コンテンツを作成する際は、積極的にテロップを取り入れてください。

情報解説


会場の説明や、問合せ先など、視聴者が知りたい情報をテロップに入れて説明することも可能です。動画広告などの宣伝動画を検討している際は、本編の最後に商品の問合せ先などを集約させたシーンを作っておくと、より訴求力の高い動画制作が可能です。

音声オフで視聴している視聴者に向けて


視聴者が電車の移動中に音声をオフにして動画を視聴していることも考えられます。特に、不動産の情報や、雑学など、視聴者が知りたい情報を紹介するコンテンツでは、テロップで情報を追って映像を視聴している方も珍しくありません。

視聴者がテロップを求めているかどうかを知るためには、視聴維持率などを調べる必要があります。テロップの無い動画を投稿した際に、視聴維持率が悪ければ、動画にテロップを追加して維持率が高くなるのか確認しましょう。

耳が聴こえない人向けのコンテンツを作る際には、テロップが重要になります。視聴者が読みやすいように、ふりがなをつけるなど、工夫をして分かりやすいテロップをつけるよう意識してください。

テロップが不必要な動画コンテンツ

一方で不必要な動画はどのようなものでしょうか。テロップがなくても成立する動画コンテンツを簡単に紹介しましょう。

海外向け

海外の視聴者をメインターゲットするコンテンツでは、テロップを必要以上につける必要ありません。海外の視聴者は、日本に比べて識字率が低く、テロップを瞬時に追えない方も多くいます。そのため、テロップをつけても視聴者が読まない可能性があるため極力減らすようにしてください。

投稿する動画ジャンルによっては、テロップを一切使っていないことも珍しくないため、動画を作成する際に、事前にテロップがどのように使われているのか確認をしてテロップ量を調整してください。

音声メイン・風景メインのコンテンツ

ラジオ代わりに聞いてもらう音声コンテンツや風景映像をメインとする動画は、テロップが不要です。また、SNSで短い時間の動画で、視覚的に映像を見れば理解できるというコンテンツもテロップの必要性はありません。

テロップを入れる際に気を付けること

動画の中にテロップを入れる際に、どのようなことに気を付けるべきか、テロップを作成する際に以下のポイントに注意をして制作をしてください。

見やすいフォントを意識する

最も気をつけなければならないことが、見やすいフォントを使うことです。MSゴシックなどのフォントでは、ワードファイルなどでは見やすくても、動画の中ではテロップの線が細く、視認性が悪いことが考えられます。

見やすいフォントはさまざまですが、ヒラギノ角ゴシックは視聴者からも見やすいフォントになります。
映像のイメージを壊さないように注意をしながら、見やすいフォントを心がけましょう。

サイズにも注意

フォントサイズは比較的大きめに設定してください。映像にもよりますが、20pt以下は映像内では見づらく読みにくい可能性があります。
サイズの大きさを確認するため、テロップ入力作業を終えた後で動画をスマホなどの端末から確認し、見やすい大きさかを確認してください。

誤字に注意

テロップ入力作業で気をつけなければならないことが、誤字の注意です。商品・サービス紹介の情報はもちろんのこと、専門家の知見から正しい情報を発信する動画では、誤字が動画の価値を下げてしまう恐れがあります。
誤字入力を回避するために、動画制作者だけではなく、複数名で二重チェックをおこない、トラブルを極力回避するようにしてください。

強調したい箇所などに絞りテロップをつける

テロップを入れすぎと、映像が見づらくなってしまう恐れがあります。テロップを入れる際は、強調したい箇所などに絞って入力することをおすすめします。
強調したい箇所が分からない場合は、動画の「キーワード」などを入れてください。
動画を見た時に、視聴者にどのような情報を知ってもらいたいのか、視聴者に訴求したいポイントを整理しておきましょう。

強調時には座布団を使用する

ポイントなど、テロップの中でも強調をしたい時は、座布団を使用してください。座布団とは、テロップの下に反映される図形をさします。座布団を自作しても良いですが、フリーで使用できるテロップ用の座布団が多くあるので、フリー素材を活用しましょう。

テロップの入力作業が面倒な時は自動入力サービスを

出演者の話す台詞を全てテロップにして反映する場合、入力作業が面倒に感じてしまうこともあります。入力作業が面倒な時は、手入力ではなくテロップを自動生成するツールがおすすめです。

自動作成ツールを活用すると、AIが動画を自動的に作成し、テロップ作成作業の手間を省くことが可能になります。
最近の自動生成ツールは精度が高く、誤字率も少ない特徴があります。テロップ入力作業が多い動画では、作業効率のためにテロップ自動作成サービスの活用もご検討ください。

まとめ

テロップを活用すると、動画を魅力的に発信することが可能になります。テロップが必要な動画コンテンツでは、訴求力を高めるために積極的にテロップを入れて魅力的な動画を作りましょう。

テロップ作業に慣れていない方は、自動支援ツールの活用がおすすめです。
メディア博士では、動画の訴求力を高めるための自動でテロップを入れることが可能です。自社で動画作成を検討している方は、内製化支援ツールの導入をご検討ください。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら