動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
技術を見せる、動画活用で広がる繊維業界の可能性

技術を見せる、動画活用で広がる繊維業界の可能性

日本の繊維業界も変化の真っただ中にあり、中国メーカーのシェア拡大にともなって、経営戦略の見直しを迫られています。
そのような中で、繊維業界では新素材の開発や、高付加価値型製品へのシフトに力を入れています。
 
こうした新しい動きには、それを社会に認知してもらうためのPR戦略が欠かせません。また経営力強化のためには、新規顧客の開拓とすぐれた人材の獲得も必要です。
​​​​​​​ここからは、そうした活動に動画を利用する方法を紹介します。企業PRにおける動画活用の効果を確かめてみてください。

繊維業界と相性バッチリのPR動画

クライアントに製品の品質を見て納得してもらうためには、製品そのものを見てもらうという方法と、製品の製造過程を見てもらうという2つの方法があります。
どちらも製造メーカーの技術力の高さと、製品の品質の良さをアピールするためには、最も効果的なやり方ではないでしょうか。
 
しかし近年の進化した新素材の中には、人の目で見ただけではその仕組みが分からないような、微細な構造の繊維も数多く存在します。
また、製造工程から技術力を理解してもらうにも、機械が行っているような複雑で高速な動きは、やはり人の目で見るには限界があります。
 
そこで登場するのが動画です。現在の動画は以前よりも格段に画質が向上して、CGなどの特殊効果もずっと簡単に使えるようになりました。
この動画の技術を駆使すれば、ナノレベルの繊維やテクノロジーのかたまりのような製造機械を紹介するのも難しくはありません。繊維業界にとって動画活用は、今後必須のPR戦略になるかもしれません。

分かりやすいPR手段としての動画活用

まずは繊維業界をアピールする、PRに関わる動画活用について、実際の事例も交えながら解説しましょう。ここでは動画活用に、さまざまなメリットがあることを理解してください。

繊維業界を丸ごとPR

動画活用の方法はアイデア次第ですが、単体の企業としてPRする以外にも、業界全体をPRしてしまうというのも1つの方法です。

参考サイト:繊維商社業界の業界研究

この事例動画では、ちょっと忙しい進行ですが繊維業界の現状を分かりやすく解説しています。
一見企業PRとはかけ離れた内容に思えるものの、繊維業界全体を紹介しているので、ここに自社PRをさりげなくプラスしても、視聴する側にとっては何の違和感もなく動画に集中することができるでしょう。

自社を宣伝する動画で最も難しいことの1つは、見ている相手にとって可能な限り自然にPRすることです。
あまりにも露骨な宣伝は、かえって逆効果になる危険性があるのです。業界のPRという大義名分があれば、実に自然に自社のPRも可能になるのではないでしょうか。

純粋にまっすぐに自社をPR

動画活用の最大の目的は、自社の製品・技術・サービスをアピールすることです。その方法にはいろいろありますが、ストレートに直球勝負というのも意外に効果的です。

参考サイト:旭化成「繊維づくりの現場」

言わずと知れた繊維業界トップメーカーの動画では、ひたすら製造工程の映像が続きます。落ち着いたBGMをバックに、淡々とさまざまな工程を見せるだけ。説明も一切加えられていません。
一見すると単なるイメージ映像にも思えますが、実際に通して見てみると明らかにメッセージを伝えていることが分かります。

これを見たクライアントは、説明がなくてもこのメーカーの技術力の高さを理解するでしょう。ではどうして、これだけシンプルなつくりなのに、見る者に強く訴えかけてくるのでしょうか。

ここが動画の面白さなのです。人は視覚から非常に多くの情報を得ているので、言葉による説明がなくても、このような動画を見ていると相手が伝えたいことが分かります。
つまり動画に込められたメッセージを、見ただけで受け取ることができるのです。ただし、そのためには動画がしっかりと作られていなければなりません。これは重要な1つのポイントです。

繊維テクノロジーそのものをPR

日本の繊維業界は、世界に誇れる技術を持っています。特に最先端のテクノロジーは、多くの人がその秘密に興味を抱くのではないでしょうか。

参考サイト:航空業界を一変させる...日本が開発した新素材に世界が震えた!

この事例動画では、実現不可能と言われながら開発に成功した新素材について、実にオーソドックスな手法で解説しています。
特に目を引くような演出はありませんが、最先端繊維の魅力そのものが見ている人を画面に引き付けてしまいます。

最先端の技術は、製品などの形で目にすることはありますが、その仕組みを日常生活の中で見る機会はほとんどありません。
しかし動画を使えば話は別です。超微細な繊維の構造や、繊維を作り上げる工程などは、動画の中で実物のような正確さで再現することができます。

動画のメリットの1つは、視覚と聴覚とに訴えかけることで、疑似体験を可能にすることです。実物やCGを使った映像と、現場の音声やナレーションなどにより、視聴者はまるでそこにいるかのようにリアルな体験ができるのです。

PR以外の動画活用方法

動画の活用方法は、宣伝広告とPRだけではありません。もちろん最終的な目的は、企業とその製品・サービスをアピールすることですが、そこに至るステップでも動画活用のチャンスがいろいろとあるのです。

まず最近の傾向としては、動画を求人募集に利用する企業が増えていることが挙げられます。動画を使うと企業内の雰囲気を伝えることができ、具体的な仕事の内容を紹介することも可能です。
こうした情報は求人募集広告からは得ることができないので、求職者にとっては非常に貴重な情報源になるでしょう。

他にも、企業のホームページにリンクする形でよく見られますが、例えば繊維業界であれば、その企業の製品・技術をシリーズで紹介するような動画の活用法もあります。
また、企業の社会的な取り組みについて紹介する動画も、イメージ戦略の1つとしては効果的です。これまで文章が中心だったブログを、動画に切り換える企業も増えてきています。

動画活用のメリットと使い方のポイント

繊維業界のように現在変化の中にあり、最新技術と密接に関わっている分野では、社会的な認知の拡大とイメージアップが今後のテーマになるでしょう。
それを実現する方法として、積極的に動画を活用することが、これからますます重要になると考えられます。

これまで紹介してきたように、動画にはさまざまなメリットがあります。動画を使えば実際には見ることができない世界を、目の前で再現することができます。
また、本来は複雑な解説を必要とする内容でも、誰にでも理解できるように分かりやすく説明することも可能です。

こうした動画のメリットを生かすためには、ただ単に数多くの動画を作って、ホームページやYouTubeで配信するだけでは不十分です。
まずはどのようなターゲットに向けて情報を発信するのか、さらにどのようなテーマで相手に伝えるべきなのかを明確にする必要があります。

その上でいろいろと工夫をこらすことも考えなければなりません。いくら動画に力を入れても、見てくれる人がいないと意味がないからです。
例えば全体をストーリー仕立ての続きものにしたり、ごく短時間で強いインパクトを与えたりするなど、今後はさらに柔軟な発想での動画活用が求められるようになるでしょう。

しっかりと仕上げることは繊維も動画も同じ

現在インターネット上では、数えきれないほど多種多様な動画が配信されています。その中で視聴者に見てもらうチャンスを増やすには、ターゲットを明確にして戦略的に動画を配信することが重要です。

そして繊維業界の特性を考えると、非常にち密で高度な技術というイメージを前面に出すことが効果的でしょう。そのためには安易な動画の作り方ではなく、繊維と同じように構成のしっかりした動画を作る必要があります。
もしも動画活用を検討するのであれば、その時はプロのサポートが受けられるシステムを考えるとよいのではないでしょうか。

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」