動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
パソコンの操作説明動画を制作する際に気を付けるべきこと

パソコンの操作説明動画を制作する際に気を付けるべきこと

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする
社内で独自に開発をしたソフトウェアや、ユーザー向けのソフト・アプリを開発している企業の中には、「どのように操作をしたら良いかわからない」という疑問を解消するために、時間を割かなければならないケースもあります。
パソコン画面を使用して操作説明を解説する「チュートリアル動画」を制作すれば、問い合わせ件数を減らしながら、視聴者に対しわかりやすいコンテンツを発信することが可能です。

本記事では、パソコン画面を利用した操作説明動画を制作する際にどのようなことに注意すべき必要があるのかについて解説します。

パソコンの画面を用いた操作説明動画を制作するメリット

パソコン画面を用いた操作説明動画を制作すると、大きく分けて4つのメリットがあります。それぞれのメリットについて解説をしていきます。

難しい情報を伝えることができる

パソコンの操作を説明する動画を制作することで、文字や画像では伝えることができないニュアンスについて、映像を通して伝えられます。
その結果、動画を視聴したユーザーはどのような操作をおこなえば良いのか、視覚的に理解することが可能です。

理解度の均一化ができる

紙媒体で操作説明をおこなうと、利用者の理解度が異なるため説明書に掲載されている情報だけでは操作方法を理解できない可能性もあります。
利用者の理解が不十分な場合は別途オペレーターが説明する必要があり、問い合わせに対応するためのスタッフを増やす必要があります。

動画を制作することで、視覚的に情報を伝えることができ紙媒体でうまく伝えることができなかった情報も正しく発信することが可能です。

資料作成をおこなう必要がない

パソコン画面の操作説明動画を制作すれば、操作説明を解説する紙資料を制作する手間を省くことができます。1本動画を制作してしまえば、動画のURLをユーザーに共有するだけでスムーズに情報の引き継ぎが可能になります。

研修用資料として活用できる

社内で特定のツールの情報を社員同士で教える場合でも、パソコンの説明動画があれば簡単に情報共有が可能になります。
特に特定の社員のみしか扱うことができなかった難しい操作を紹介する際に、動画があれば簡単に情報共有が可能です。

1つずつ丁寧に操作方法を画面で丁寧に説明をおこなえば、新人社員でも動画を見ながら操作を覚えることができるため、すぐに現場で使える知識を習得できるようになります。

パソコンの操作説明動画を制作する際に気を付けること

パソコン操作画面を活用した説明動画は情報共有が便利になる一方で気をつけなければならないこともあります。動画を制作する際には大きく分けて次の4つのポイントに注意をして動画を制作してください。

視聴者に伝わるように手順を1つずつ細かく紹介する

操作画面を制作する際には視聴者に伝わるように、1つずつ手順を追って操作を解説する必要があります。
手順を省略して重要なところだけ説明をすると、視聴者の中には動画で説明している画面を表示できないケースもあるので、視聴者が伝わるように説明することを心がけてください。

Windows、Mac用で動画を制作する

操作説明を紹介するツールがWindows、Macどちらにも対応しているソフトであれば、それぞれのユーザーに向けた動画を制作することも大切です。
特にWindowsとMacで操作が大きく異なる場合は、それぞれどのような操作が必要なのか、Windows版とMac版で動画を制作し、ユーザーが選択するようにしてください。

操作の違いがキーボードの入力だけであれば、Macユーザー向けに補足テロップをつけると1本の説明動画でも十分対応できます。

初心者でも理解できる内容なのか確認をする

視聴者の中にはパソコン操作への理解度が低く、どのボタンを押せば良いかわからない場合もあります。パソコンの操作が慣れている人なら誰もが分かる操作方法も、視聴者の中には理解できないケースもあります。
パソコンを日常的に使用していないユーザーでも理解できるように、初心者向けに分かりやすく動画を制作しましょう。

画面収録方法を操作に合ったもので検討する

パソコン画面の収録では、画面のみを収録する方法と音声付きで収録をする方法の2つのパターンがあります。
操作画面で音声がどうしても必要な場合は、パソコンの画面をただ収録するのではなく、パソコンの音も収録できるように工夫をしてください。動画制作前に収録方法を検討して問題がないもので動画制作をおこなうようにしましょう。

操作画面を収録する際に気を付けること

パソコンの操作説明動画で重要な収録方法では、大きく分けて3つのポイントに注意をすることで理解度の高い動画を制作することが可能です。
動画を制作する際に次の3つのポイントに注意をして動画コンテンツを制作しましょう。

Windows10は標準機能で画面収録を行う

Windowsで画面収録を行う際は、標準機能を活用することで画面収録を簡単におこなうことができます。
Windows10以降のスクリーンショット機能では、WindowsキーとGキーを同時に押すと「キャプチャ」の操作パネルが出現します。

キャプチャの「●」ボタンを押すことで、画面を簡単に録画することができます。専用の機械を準備する必要がなく、簡単にパソコンの操作画面を収録できるのでおすすめの機能です。

フリーソフトを活用して画面収録をする

操作画面について、フリーソフトを活用して画面収録をする方法もあります。例えば、Bandicamはパソコン画面を録画できるフリーソフトで、PC画面とパソコンから出力される音を収録することができます。
他にも使えるフリーソフトが多くあるので、Macなどで操作画面を紹介する際には画面収録をおこなうフリーソフトを活用しましょう。ただし、フリーソフトはロゴが消えないなど問題もあるので注意が必要です。
https://www.bandicam.jp/

必要であれば制作者が操作方法を解説

操作方法を紹介する動画を制作する際に、どうしても視聴者への理解度が低いと感じた場合は、制作者が声やワイプで出演し、操作方法の補足解説をおこなうようにしてください。
補足解説では、間違えやすい場合はどのような状況なのか、正しい操作はどれかなど、細かい点を解説することでユーザーの理解度を高めることができます。

制作者の解説は動画を制作した後に作ることができるので、制作後視聴者の反応を確認しながら必要の有無を確かめながら制作の必要性を判断してください。

まとめ

パソコンの画面を活用した動画を制作することで、視聴者に分かりやすく情報を発信し、視聴者の理解度を高めることが可能です。
社内で利用しているツールがうまく引き継がれていない場合は、パソコンの操作説明動画を制作することで、問題が解消される可能性もあります。社内の状況に合わせて問題を解決する動画を制作しましょう。

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」