動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【活用事例あり】料理人が動画制作をおこなう際に注意すべきこと

【活用事例あり】料理人が動画制作をおこなう際に注意すべきこと

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする
さまざまな業種で動画活用をおこない、お店・サービスの宣伝につなげているケースが多くあります。料理人は動画との相性も良くうまく制作をおこなえば、多くの視聴者から注目を集めることができます。
本記事では、料理人と相性の良いコンテンツから、おすすめの事例動画を紹介し、料理人の動画活用について解説します。これから動画を制作しようと検討している方は必読の内容です。

動画コンテンツ例

料理人がSNSで動画を発信する際に、多く制作されているコンテンツが大きく分けて3つあります。
YouTubeチャンネルを立ち上げたいものの、どのような動画を制作すべきかわからない方は、以下の3つのテーマを参考に動画を制作しましょう。

簡単レシピ紹介

1つ目は、簡単レシピを紹介する動画です。視聴者も手軽にできる料理を中心に紹介し、SNSで注目を集めることができれば、知名度を上げることが可能です。
簡単レシピを紹介する動画では、作り方をわかりやすく紹介するだけでなく、「自宅ですぐに真似ができる料理」であることが重要です。スーパーで手に入りやすい食材をテーマに動画を制作しましょう。

プロの技紹介

料理初心者ではなく、中級者や料理好きの方に向けて発信する動画であれば、「プロの技」を紹介するコンテンツもおすすめです。
家庭で料理をすると失敗してしまう料理をテーマにして動画を制作すると、動画が拡散されやすく、多くのユーザーに動画がリーチする可能性があります。

プロの技を紹介する動画では、素人に技術を教えることを意識して、動画でわかりやすく表現することを意識して動画コンテンツを制作しましょう。

おすすめの調理器具紹介

料理初心者から上級者までさまざまなユーザーとの親和性の高いコンテンツを制作するのであれば、おすすめの調理器具を紹介する動画を制作しましょう。
100均ショップや大手インテリアショップなどで気軽に手に入る商品をプロ目線で解説をするレビュー動画や、プロ向けのおすすめ調理器具などさまざまな角度から商品の魅力を紹介することが可能になります。

おすすめ調理器具を紹介する際は、ユーザー目線でおすすめポイントを解説すると権威性が高まり多くの視聴者に閲覧される可能性があります。

事例紹介

料理人が実際に手がける動画には、どのようなコンテンツがあるのかについて解説します。どれも事例動画としては参考になるものばかりです。ぜひ参考にしてください。

料理研究家リュウジ


YouTubeチャンネルの中でも知名度の高い、料理研究家リュウジ氏による動画です。毎回食材や定番料理をテーマにして、どのような調理をするべきかをわかりやすく紹介しています。
ただ料理方法を紹介するのではなく、エピソードトークを展開しながら動画が展開されるので、視聴者は動画を楽しく見ることが可能です。

顔出し出演が可能な方は、料理人が出演することで権威性が増すだけでなく、視聴者の信頼を得やすくなります。

こうせい校長


飲食店を経営しながら企業コンサルもおこなう岩野上幸生氏によるYouTubeチャンネルでは、プロの技をわかりやすく紹介しています。
注目すべきは、素人がよく失敗しがちな料理テクニックをプロの視点でわかりやすく紹介しています。How To形式で展開していくため、知りたい情報をわかりやすく知ることができる点も動画では優れているポイントです。

ハマごはん

https://twitter.com/hamagohan_r/status/1556422203222110208

ハマごはんは、Twitterで話題を集めさまざまなレシピ動画を投稿しているインフルエンサーです。Twitterでは4枚の画像で取り上げるテーマを紹介し、投稿内容を気になったユーザーが動画を確認できるような工夫をしています。
Twitterだけでなく、InstagramやTikTokとも相性がよく、うまく動画を制作すれば多くの視聴者に閲覧してもらうことが可能です。

1分以内のshort動画を制作して、ユーザーに有益な情報を発信する手法も料理人の動画活用としては有効です。動画を制作する際の参考にしてください。

オテル・ドゥ・ミクニ


東京四ツ谷にあるフランス料理レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナー三國清三によるYouTubeチャンネルでは、フレンチレストランのシェフ目線で作るメニューや、お店のおすすめメニューを紹介しています。
事例動画では、料理人が普段使用しているおすすめの器具について、紹介しています。特徴を紹介するだけでなく、おすすめの使い方やテクニックも紹介しているため、一般人のレビュー動画に比べて専門性の高い動画に仕上がっている点も注目すべき点です。

料理人動画を制作する際に必要なこと

動画を制作しても、多くのユーザーに視聴してもらう必要があります。動画を制作する際には次に紹介する3つのポイントに注意をして動画を制作してください。

ターゲットを明確にする

料理人の動画は、初心者料理人、上級者、主婦、一人暮らしの社会人など視聴者層が細かく分けることができます。
料理動画でもそれぞれのユーザーに対して響く動画とそうでない動画があるので、制作をする際にはターゲットを明確にして動画を制作するように心がけましょう。

ターゲットを明確にすることで、刺さる動画とそうでない動画は何かを分析することも可能なので、おすすめです。

視聴者が実践できる情報を紹介する

料理人動画が制作する動画で拡散されやすい動画は、自宅でも簡単に真似ができる料理をテーマにした動画です。
視聴者が自宅で実践したくなるような動画を定期的に更新すれば、拡散される可能性も高く、ファンの獲得につながる可能性があります。

5分でできるおつまみ、プロ顔負けの本格レシピなど、視聴者がつい真似をしたくなるようなキャッチーなタイトルを設定して、動画を制作してください。

SNSの特性に合わせて動画を制作する

動画を制作する際には、SNSの特性に合わせて動画を制作することも重要です。YouTube、Instagram、TikTokでは視聴者に閲覧されやすい動画のフォーマットが微妙に異なります。
動画を制作する際には、SNSの特性を見極めて制作するように心がけましょう。

どの媒体がご自分の投稿する動画に合っているのか、投稿初期では判別ができないこともあります。動画を発信して、最終的にどのようになりたいのかイメージし、イメージに限りなく近い媒体で投稿してください。
数本投稿して反応が悪い場合は、別の媒体で発信をすると良い反応が得られることもあります。すぐに諦めてしまうのではなく、長期的な視野で動画を投稿して反応を見るように心がけましょう。

まとめ

・料理人の動画は親和性が高い
・視聴者が実践したいと感じるテーマを扱う
・継続的に動画を発信する


本記事で紹介した内容を参考に、動画制作をしてみてはいかがでしょうか。動画制作のハードルの高さを感じている方は、撮影した動画素材を簡単に編集できる動画制作支援ツールの利用がおすすめです。
メディア博士は3つの簡単なSTEPで訴求力の高い動画制作を可能にします。スマホで撮影した動画もプロのような映像に制作することが可能です。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」