動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【動画事例】LPでユーザーの後押しをする効果的な動画の作り方とは?

【動画事例】LPでユーザーの後押しをする効果的な動画の作り方とは?

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする
商品やサービスの魅力を伝えるLPでは、動画コンテンツが注目されています。LP内で設置されている動画は、魅力を伝えるためのツールとして活用でき、視聴者の購入の後押しが可能になります。

本記事では、LP動画を制作する際にどのようなことに注意をしながら制作すべきかについて解説します。LPが思うように結果が出ず、悩んでいる方は参考にしてください。

LPページに動画を取り入れるべき3つの理由

なぜ、LPページに動画を取り入れると良いのでしょうか。LPページを取り入れることで、大きく分けて3つのメリットがあります。

文章以上に伝えたい情報が増える

動画は文章や画像で紹介する従来のWEBページに比べて、さまざまな情報発信が可能です。商品のサービスの特徴はもちろんのこと、サービスの細かい内容も短時間で分かりやすく伝えることができます。
従来のLPではうまく魅力を伝えることができない商品・サービスでも、LP動画を通して分かりやすく伝えられ、視聴者の理解度を高めることが可能です。

ユーザーにインパクトを与えられる

動画を活用することで、視聴者にインパクトを与えることができます。ページ冒頭のアイキャッチ部分に動画を設置し、視聴者にどのような商品・サービスかを提示することが可能です。
インパクトの強い映像を通して、興味を持ったユーザーがLPを確認し、商品・サービスをより深掘りして調べることもできるようになります。

LPにアクセスをしたユーザーがすぐに離脱してしまうケースが多いのであれば、LP動画を活用して、ユーザーの興味を引きつけましょう。

さまざまな形で取り入れることができる

LP動画は、アニメーション、実写、インタビュー、インフォグラフィックなどさまざまな動画を活用できます。
自社の商品・サービスをアプローチする方法として、最も有効な手法は何かを検討しながらLP動画の構想を練ることをおすすめします。

LP動画活用事例

LP動画はどのような形で使われているのでしょうか。実際にLPに動画を取り入れてユーザーに対して販促をおこなった事例を紹介します。

サンスター

https://jp.sunstargum.com/mouthbarrier/special/

ガム・マウスウォッシュのLPでは、お出かけ前、お出かけ後にマウスウォッシュをする「新習慣」について、新商品を通して提案をしています。
動画では、女性がマウスウォッシュを使用している様子をアニメーションで表現しています。

LPページを視聴者がどのような状況で閲覧するか分からないため、視聴者が音声を再生できない状態でも、どのような内容か伝わるような構成で制作されている点も注目しましょう。

外装専科

https://www.gaisousenka.co.jp/lp201911

マンション大規模修繕に特化したサービスを提供する「外装専科」。どのような企業かを紹介するために、LP動画では外装専科の企業について紹介をしています。
スタッフの在籍数やサービスの提供方法を分かりやすく紹介することで、他社とどのような違いがあるのかを動画で分かりやすく解説しています。

動画を視聴した利用検討者が、その後サービスを詳しく精査することができるよう、LP動画の下のページでは、詳しくサービス内容を紹介している点も特徴の1つと言えます。

SOMPOひまわり生命

https://wwwsp.himawari-life.co.jp/lp/swantoku/001/

SOMPOひまわり生命は、タバコを吸わない人だけの「がん保険」のLPで動画をうまく活用し、サービスの仕組みを説明しています。
ページのアイキャッチとなる場所では、動画を設置するのではなくサービスの仕組みについて、図を用いて解説をしています。その後、さらにユーザーに向けて仕組みを分かりやすく解説するためのアニメーション動画を活用し、分かりやすく解説をしています。

LP動画では、ユーザーの理解度に合わせて、動画を的確な場所に設置することも求められます。

マルコメ

https://www.marukome.co.jp/miasa/

マルコメでは、商品に使われている味噌がどこで製造されているのか、味噌づくりのこだわりを紹介したLPページを制作しました。
味噌が作られるまでの一連の流れを、動画を通して紹介し、さらに細く情報をLP上で解説しています。

作業工程や自然風景など、LPの画像ではうまく伝わらない情報を動画を通して効果的に伝えることで、「商品へのこだわり」をうまく表現した動画コンテンツになっているといえるでしょう。

SCRAP

https://realdgame.jp/yokohamanazo/

謎解きイベントを手がけるSCRAPでは、LPにて、イベントの楽しみ方を紹介しています。
LP動画では、ユーザーがどのようにイベントを楽しむのかを解説しています。イベント会場となる横浜で動画を撮影しているため、ユーザーはイベントのイメージを膨らますことが可能です。

LP動画を視聴したユーザーがすぐにアクションを起こせるように、チケット販売ページへ移行するためのボタンを設置しています。

LPに動画を反映する際に意識すべきこと

LP動画は大きく分けて4つ気を付けるべきことがあります。動画を制作する際には、以下の4つのポイントに注意をして動画を制作してください。

設置箇所はページ冒頭付近に配置

LPの設置箇所は、必ずページ冒頭付近に設置しましょう。動画の設置箇所を後半にしてしまうと、動画で伝えたい情報をユーザーが見ない可能性もあります。
文章より先に動画を視聴してもらうことで、ユーザーへの興味付けができるようになるため、LPを最後まで読ませることも可能です。離脱を防ぐために、冒頭で設置するように心がけましょう。

短時間で情報を伝える

動画は短時間で分かりやすさを意識することも大切です。ユーザーに1つでも多くの情報を知ってもらうために、さまざまな情報を取り込みすぎると最後まで動画を視聴しない可能性もあります。
1分程度で動画が完了するように、まとめて分かりやすい動画を制作してください。

広告感を抑え自動再生を防ぐ

売り込むことに意識をしすぎて、「広告感」を押しつけると、ユーザーが違和感を感じてしまい、LPページから離脱してしまうことが考えられます。
大切なことは、動画の役割はLPの興味づけを与えるための手段であり、広告ではありません。LPページ自体が広告であることを意識しながら、ユーザーの興味が薄れないように動画を制作してください。

動画付近にCTAを設置する

CTAとは、Call To Actionの略で、LPを閲覧したユーザーがお問合せフォームや商品購入ページボタンをクリックするなど、ユーザーのアクションを指します。
LP動画付近にCTAを設置することで、視聴者の興味・関心が高い状態で購入の後押しをすることができます。LP動画の設置箇所にも注意をしながら、LPを制作しましょう。

まとめ

・LP内の動画コンテンツは視聴者の興味・関心を引きつけることが可能
・LP動画を制作する際は設置箇所にも配慮する
・動画は分かりやすく簡潔にまとめる


LP動画を制作する際は、本記事で紹介した内容を参考にすることをおすすめします。LP動画 制作に対してハードルの高さを感じている方は、動画制作を簡単におこなえる動画支援ツールの活用がおすすめです。
メディア博士は3つの簡単なSTEPで動画制作を可能にします。さまざまな業種に最適なLP動画の作成も可能です。皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」