動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
陶芸体験サービスを提供している陶芸教室が取り入れたい動画の効果的な活用法7選

陶芸体験サービスを提供している陶芸教室が取り入れたい動画の効果的な活用法7選

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする
大人の趣味として近年人気が高まってきている陶芸教室。
​​​​​​​そんな陶芸教室で活用される事例が増えてきているのが、動画を用いた動画マーケティングです。
動画をマーケティングに取り入れることで、より多くのユーザーがあなたの陶芸教室の存在を知り、興味を持ってくれるようになります。

今回は、陶芸体験のサービスを提供している陶芸教室が取り入れるべきおすすめの動画の活用法について紹介していきます。

陶芸体験サービスを提供している陶芸教室におすすめの動画活用法7選

陶芸体験のサービスを提供している陶芸教室での動画の活用法にはさまざまな活用法がありますが、今回はそれらの活用法の中でも特に高い効果の見込める活用法を7つ厳選して紹介していきます。
すべて取り入れるのは大変なので、取り入れられそうなものから取り入れてみてください。

陶芸教室の紹介動画

動画の活用を検討している陶芸教室がまず初めに制作しておきたいのが、陶芸教室の紹介動画です。
教室の紹介動画は、企業にとっての会社紹介動画や店舗にとっての店舗紹介動画にあたる非常に重要な動画です。
陶芸体験にどれだけ興味があっても、その陶芸教室がどういった教室かわからない状態では通いたくないと考えているユーザーも少なくありません。

陶芸教室の紹介動画は、そういったユーザーの不安を払拭し、足を運んでもらいやすくするために必要不可欠な動画なので、必ず用意しておくようにしましょう。

陶芸体験サービスの紹介動画

陶芸教室の紹介動画とあわせて制作しておきたいのが、陶芸体験サービスの紹介動画です。
陶芸体験サービスの紹介動画もユーザーの不安を払拭してくれるタイプの動画で、体験サービスの具体的な内容や料金、システムなどを映像で伝えることで安心して足を運んでもらえるようになります。

実際の体験サービスの様子を動画に入れたり体験サービスの申込みから体験するまでの流れを動画に入れておくと、ユーザーがより安心して申し込んでくれるようになるので、ぜひ入れるようにしてください。

販売している製品の紹介動画

陶芸教室の中には陶芸体験のサービスを提供しているだけでなく、製造した陶芸製品を販売しているというところもあるかと思います。
そういった陶芸教室が取り入れたいのが、製品の紹介動画です。

陶芸に興味を持っているユーザーの中には、自分で陶芸を作ることにはそこまで興味はないものの、陶芸が好きで、良いものがあれば購入したいと考えているタイプのユーザーもいます。
製品の紹介動画はそういった層にもアプローチできますし、製品の紹介動画をきっかけに陶芸体験のサービスに興味を持ってもらえる可能性もあるので、ぜひ制作して公開するようにしましょう。

講師の紹介動画

陶芸教室の陶芸体験サービスを利用したいと考えているユーザーの中には、「どういった人物が講師として指導しているのか」という点を気にするタイプのユーザーもいます。
そういったユーザーを安心させるために用意しておきたいのが、講師の紹介動画です。

講師の人となりがわかる紹介動画を用意しておけば、どういった人物が指導しているか気になっているユーザーを安心させられるようになり、陶芸体験への参加を促すことができます。
実際に指導している映像を動画に差し込んだり、陶芸体験の参加者に講師の印象についてインタビューした映像を差し込むようにすれば、より信憑性の高い動画を用意できるようになるので、ぜひ検討してみてください。

陶芸や陶器に関する知識動画

陶芸に興味を持っているユーザーは、必ずしも陶芸教室に通ってみたいと考えているわけではありません。
ただ、陶芸には興味を持っているので、接点を持つことができれば、最終的に陶芸体験に参加してもらえる可能性は多いにあります。
そこで用意しておきたいのが、陶芸や陶器に関する知識系の動画です。

自分で陶器を作るときに知っておくと便利なちょっとしたコツに関する動画や有名な陶器について解説する動画などの知識系動画を制作し、公開すれば、陶芸や陶器が好きなユーザーからつい最近興味を持ち始めたユーザーまで、幅広くアプローチできるようになります。
YouTubeなどには一般の方がアップしているような陶芸関連の動画もありますが、陶芸教室を営んでいる陶芸の専門家がアップしている動画は信憑が高く、人気も出やすいので、人気のチャンネルになる可能性は大いにあります。

オンラインレッスン

陶芸体験に興味を持っているユーザーの中には、新型コロナウイルスへの感染を懸念しているユーザーや陶芸教室から離れた場所に住んでいるユーザーなど、陶芸教室に通いたくても通えないユーザーもいます。
そういったユーザーに向けて用意したいのが、動画を活用したオンラインレッスンです。

最近は自宅で簡単に本格的な陶芸が楽しめるセットも販売されているので、そういったセットを活用すれば自宅でレッスンを受けてもらうことも可能です。
オンラインレッスンを実践する方法には、あらかじめ撮影しておいた動画を視聴してもらう方法やZOOMやSkypeを使ってリアルタイムで指導するなどさまざまな方法があり、挑戦しやすい環境が整ってきています。

外国人観光客向けの動画

まだ取り入れている陶芸教室が少なく、狙い目なのが、外国人観光客向けの動画です。
外国人観光客の中には日本の文化に触れたいと感じている方も多く、実際、陶芸教室は人気があります。
英語のテロップを入れた陶芸教室や陶芸体験サービスの紹介動画を制作し、YouTubeやSNSで公開すれば、外国人観光客も集客できるようになり、ターゲットとなるユーザーの幅を広げることができます。

動画を活用している陶芸教室の事例2選

陶芸教室が動画の活用に取り組む場合に参考にしたいのが、すでに動画を活用している陶芸教室の事例です。
すでに動画を活用している陶芸教室の事例をチェックすることで、具体的な活用法や心地よい編集方法、ユーザーの興味関心を引く動画の見せ方などを学ぶことができます。

ここでは、特に参考になりそうな2つの陶芸教室の事例をピックアップし、紹介していきます。

東京竜泉窯


東京の台東区にある工房、「東京竜泉窯」。
東京竜泉窯では陶芸教室もおこなっていて、YouTubeに開設した公式チャンネルを活用して集客しています。
工房ということもあって陶芸製品の販売もおこなっていますが、こちらの動画は、工房で販売している製品の紹介動画です。

陶芸製品の紹介動画ということもあって製品を制作する過程の映像も差し込まれており、より親近感の感じられる動画に仕上がっています。
製品紹介動画を制作するときに参考にしたい事例の一つです。

KIRAKU


神奈川県の平塚市にある陶芸教室、「KIRAKU」。
KIRAKUはYouTubeに公式のチャンネルを開設し、陶芸関連の動画を多数公開しています。
こちらの動画は、自宅で陶芸を楽しむときに必要になる手ろくろの選び方について解説している動画です。

かなりマニアックな動画ですが、2,500回近く再生されています。
シンプルな動画ですが、テロップや字幕を挿入するなど非常にわかりやすい動画となっている、ハウツー動画や知識系の動画を制作するときに参考にしたい事例です。

まとめ

陶芸体験サービスを提供している陶芸教室におすすめの動画の活用法について紹介してきました。
陶芸教室はビジュアルの訴求が効果的なので、積極的に動画でのマーケティングに取り組むべきです。

冒頭で動画を活用する陶芸教室が増えてきていると紹介しましたが、まだまだ数は少ないので、今から動画の活用に力を入れておけばライバルに差をつけられる可能性は大いにあります。
事例として紹介した陶芸教室の動画を参考にしながら動画の活用に取り組んでみてはいかがでしょうか?

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」