動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【最新版】おすすめ動画編集ソフトまとめ!初心者〜上級者まで使える15選

【最新版】おすすめ動画編集ソフトまとめ!初心者〜上級者まで使える15選

2023.04.23

ここ数年で一気に需要が高まっている動画コンテンツ。仕事としてはもちろん趣味として動画編集を行っている方も多いのではないでしょうか。
​​​​​​​動画編集を行う場合に必要となるのが動画編集ソフトです。この記事では、動画編集ソフトを選ぶ時のポイントやおすすめの動画編集ソフトについて解説していきます。

すでに動画編集ソフトを活用している方はもちろんですが、これから動画編集を始めたいと思っている方にもおすすめの内容です。ぜひ参考にしてください。

動画編集ソフトとは?

撮影した動画をパソコンで編集するためには動画編集ソフトが必要となります。動画編集ソフトを活用すると、動画のカットはもちろんテロップ、BGMの挿入やトランジション、エフェクトを追加し魅せる動画を作ることができます。

動画編集ソフトを選ぶポイント

動画編集ソフトには、さまざまな種類があります。自分に適した動画編集ソフトを選ぶために気をつけなければいけないポイントについても解説していきます。

①自分が持っているPCに対応しているか

どの動画編集ソフトを利用するのか検討する際に最初に確認しなければいけないポイントは、自分のPCに対応している動画編集ソフトであるかどうかです。
動画編集はPCへの負担が大きい作業です。そのため一定のスペックを持っているPCでなければスムーズに動作してくれません。

Appleが販売している動画編集ソフトはmacOSのみ対応しており、Windowsには対応していません。このように動画編集ソフトによってはMacには対応しているがWindowsには対応していないこともあります。
利用したい動画編集ソフトがある場合、まず最初に自分が持っているPCに対応しているかを確認しましょう。

②支払が発生する動画編集ソフトか

動画編集ソフトには、無料で利用できるものと有料のものがあります。初めて動画編集に挑戦する方は、いきなり動画編集ソフトに料金を支払うことに抵抗があるかもしれません。
そのような方は最初は無料で使える動画編集ソフトを使ってみるのがおすすめです。
 

・無料動画編集ソフトの特徴

無料の動画編集ソフトは、初期費用がかからないため登録後すぐに利用することができます。登録後あまり利用しないなど動画編集ソフトが合わないと感じればすぐに解約もできます。
しかし、無料動画編集ソフトを使って編集した動画には動画編集ソフトのロゴが右下に入っている場合があります。またクオリティの高い動画を作りたいと思っているのであれば、無料版の動画編集ソフトでできる機能に物足りなさを感じるかもしれません。
 

・有料動画編集ソフトの特徴

有料の動画編集ソフトは利用できる機能が豊富に揃っており、クオリティの高い動画を作成することができます。しかし料金を支払わなければいけないため使用頻度が低い場合は損をしてしまうことになります。

③動画編集ソフトの支払い方法

動画編集ソフトには1回購入したらその後料金が発生しない「買い切りタイプ」と月額一定料金を支払い続ける「サブスクリプションタイプ」があります。それぞれどのような特徴があるのかまとめてみました。
 

・買い切りタイプの特徴

買い切りタイプの動画編集ソフトは、1回で支払いが完了するため支払を気にする必要がありません。動画編集ソフトを購入しているため、手元に商品が残ります。そのためいつでも利用することができます。
しかし、初期費用が高いという懸念点もあります。購入したにも関わらず利用頻度が低いと損をするかもしれません。
 

・サブスクリプションタイプの特徴

サブスクリプションタイプの動画編集ソフトは、初期費用が安く契約して自分に合っていないと感じたらすぐに解約することができます。しかし、使用し続ける限り毎月一定の支払を行わなければいけません。
解約を行うと動画編集ソフトは利用できなくなってしまいます。サブスクリプションタイプの動画編集ソフトは利用していなくても支払いが発生するため注意が必要です。

④動画編集ソフトの人気を調べる

動画編集ソフトを選ぶ際は、実際どれくらいの人に支持されているものなのか「シェア率」も確認することが大切です。使用している人が多ければ多いほど、インターネットに情報が溢れており使用方法がわからなくても情報を見つけることができます。
人気の動画編集ソフトを使うことで動画編集の案件を受ける時もやり取りがスムーズになります。ちなみに、YouTubeの動画編集の案件ではよくPremiere Proが使われていると言われています。

⑤欲しい機能が備わっているか

動画編集を行う際に備わっていた方がよい機能がこちらです。

・カット
・再生速度の変更
・テロップの挿入
・エフェクト
・自動文字起こし機能
・モーショングラフィックス
・クロマキー合成


動画編集では、カットとテロップの挿入は必ず必要な機能です。それ以外にも動画のクオリティをあげるためにエフェクトの追加などを行います。一手間加えるだけで見る人を引きつける魅力的な動画となります。
文字起こし機能やモーショングラフィックスは初心者には使い方が難しい機能です。そのため必ず動画編集ソフトに付いていなければいけないわけではありません。しかしこの機能を使いこなすことができるとクオリティの高い動画を作成することができます。

⑥動画編集ソフトの管理画面は見やすいか

動画編集ソフトは料金や機能を重視しがちですが、管理画面の見やすさも忘れずに確認するようにしましょう。動画編集ソフトの操作画面はメーカーなどによって大きく異なります。

動画編集ソフトの比較・おすすめ

次に具体的にどのような動画編集ソフトを使った方が良いのか、おすすめを解説していきます。

Adobe Premiere Pro

動画編集ソフトの中でもっとも支持されているのがAdobe Premiere Proです。有名YouTuberはもちろん、様々な企業も使用しています。
Adobe Premiere Proは様々な動画形式に変換して映像を書き出すことが可能です。テンプレートも充実しているため、すぐにクオリティの高い動画を作ることができます。
 

Adobe Premiere Proの特徴と価格

たくさんのユーザーがいるため、使い方に困ったとしても不明点を検索すれば情報をすぐに掴むことができます。Adobeがリリースしている動画編集ソフトであるため、他のAdobeソフトとの連携もスムーズに行えます。
しかし、買い切りの動画編集ソフトではないため、毎月2,728円(税込)の料金を支払わなければいけません。

しかし体験版として7日間無料で利用できるため、契約しようか迷っている方はまずは体験版を使ってみるのがおすすめです。
Adobe Premiere Proは高性能であるため、動画編集初心者は慣れるまでは使い方にとまどってしまう可能性がありますので注意してください。
 

Adobe Premiere Proの対応環境

Adobe Premiere Proの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 10(64ビット)以降
・macOS 10.15以降


自分が持っているPCのスペックと照らし合わせてみてください。
https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html?clickref=1100lwGQddcI&mv=affiliate&mv2=pz&as_camptype=&as_channel=affiliate&as_source=partnerize&as_campaign=webcocol

Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elementsは、Adobeがリリースしている動画編集ソフトの中で唯一買い切りすることができます。手軽に動画編集を行うことができますので、動画編集初心者でもすぐに使いこなすことが可能です。
Adobe Premiere Elementsは買い切りの動画編集ソフトですので、長期的に使用したいと思っている場合はかなりお得に利用することができます。
 

Adobe Premiere Elementsの特徴と価格

Adobe Premiere Elementsは、19,580円(税込)で購入することができます。買い切りですので1度購入すれば動画編集時に料金が発生することはありません。
しかし、新しいバージョンへのアップデートは別途料金がかかってしまいます。そのため機能性と料金を重視したい方は無料でアップデートを行ってくれるAdobe Premiere Proの方が向いている場合もあります。

Adobe Premiere Elementsは30日間無料で利用することができますので、まずは無料体験で試してみてはいかがでしょうか。
 

Adobe Premiere Elementsの対応環境

Adobe Premiere Elementsの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 10(64ビット)以降
・macOS 10.15以降


自分が持っているPCのスペックと照らし合わせてみてください。
https://www.adobe.com/jp/?clickref=1011lwHCTMmW&mv=affiliate&mv2=pz&as_camptype=&as_channel=affiliate&as_source=partnerize&as_campaign=webcocol

Final Cut Pro

Final Cut Proは、Apple社がリリースしている動画編集ソフトです。そのためmacOSのみしか利用することができません。
macOS専用で作られているため、macと動画編集ソフトの相性はかなり良いです。Macユーザーであれば、Final Cut Proがおすすめと言っても過言ではありません。
 

Final Cut Proの特徴と価格

Final Cut Proは動画編集初心者でもわかりやすいような仕様になっています。そのためFinal Cut Proを使いこなすにはそう時間はかからないでしょう。
料金は36,800円(税込)ですが、Final Cut Proは90日間無料で利用することができますので、まずは無料体験で試してみてはいかがでしょうか。
 

Final Cut Proの対応環境

Final Cut Proの対応環境は以下のとおりです。

・macOS 10.15以降


自分が持っているPCのスペックと照らし合わせてみてください。
https://www.apple.com/jp/final-cut-pro/

Power Director

Power Directorは、映像関係の大手ソフトウェアメーカーであるCyberLink社が開発した動画編集ソフトです。カット編集はもちろん、テキストテロップ、BGMの挿入、その他の特殊効果も使うことができます。
 

Power Directorの特徴と価格

Power Directorは他の動画編集ソフトよりも使いやすいと言われています。運動会のイベントはもちろん、企業紹介動画の制作でも活用することができます。
付属ソフトであるScreenRecorderを使うとPC画面を録画することができるため、ゲーム実況動画もスムーズに作成可能です。

プランは12ヶ月プランと1ヶ月プランから選択することができ、12ヶ月プランは8,480円。1ヶ月プランは2,180円となっています。
年間で契約した方がお得ですし、25%オフのキャンペーンを行っていることもあります。キャンペーン時を上手く活用しお得に利用してみてください。
 

Power Directorの対応環境

Power Directorの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 10(64ビット)以降
・macOS 10.14以降


自分が持っているPCのスペックと照らし合わせてみてください。
https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software-mac/overview_ja_JP.html

DaVinci Resolve

DaVinci Resolveは編集はもちろん、モーショングラフィックス、オーディオポストプロダクションなどをまとめた動画編集ソフトです。
ハリウッドでも使われている動画編集ソフトですので、映画に近いクオリティの動画を作ることができます。
 

DaVinci Resolveの特徴と価格

DaVinci Resolveは無料版と有料版があります。有料版は40,678円(税込)で購入が可能です。無料版の利用期限はありませんので、まずは無料版を使って慣れてから有料版にしても良いと思います。
DaVinci Resolveはかなり本格的な動画編集ソフトですので、ある程度のスペックのPCが求められます。高スペックのPCではない場合は動画編集がスムーズにできないかもしれません。
 

DaVinci Resolveの対応環境

DaVinci Resolve対応環境は以下のとおりです。

・Windows 10(64ビット)以降
・macOS 10.14以降


メモリ16GB以上を推奨しています。
https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

Canva

Canvaは、動画編集だけではなくサムネイルの制作を行うことも可能です。これまで動画編集を全く行ったことがない方におすすめのソフト。すでに別のソフトを使って動画編集を行った経験がある方には使いにくいと感じるかもしれません。
 

Canvaの特徴と価格

Canvaは無料で使える機能が多く揃っており、テンプレートも使用することができます。スマートフォンやPCでも編集ができるため、PCを持っていない人でも手軽に始めることが可能です。
ただし、インターネット環境がないと作業はできませんし、データ容量が大きいことが難点です。有料版は月額1,500円(税込)で利用することができ、全ての素材やテンプレートを利用できるようになります。年払いだと少しお得な12,000円(月額1,000円)です。
 

Canvaの対応環境

Canvaの対応環境は以下のとおりです。

・Android 5.0以上
・iOS 12以上
・Windows 10以降
・macOS 10.14以降


PCはもちろん、スマートフォンからも作業できることがCanvaの特徴です。

Filmora

Filmoraは動画のクリッピング、トリミング、分割、音声や音楽の追加、テキストの挿入、エフェクトの追加など、様々な編集機能が備わっています。
 

Filmoraの特徴と価格

動画編集の初心者から上級者まで、幅広い層に使われており、直感的で使いやすいインターフェースが特徴的です。豊富なエフェクトやオーディオトラックなどが用意されているため、創造的なビデオ編集が可能です。

Filmoraは、WindowsとMacの両方で利用可能であり、無料版と有料版があります。無料版は、一部の機能制限がありますが、基本的な動画編集には十分です。
有料版は、1年プランだと6,980円(税込)、買い切りタイプである永続ライセンスだと8,980円(税込)で購入することができます。有料版はより多くの機能があり、プロフェッショナルな動画編集が可能です。
 

Filmoraの対応環境

Filmoraの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 7以降
・macOS 10.12以降


https://filmora.wondershare.jp/video-editor/

iMovie

iMovieは、Appleが開発した動画編集ソフトウェアで、MacおよびiOS端末で利用可能です。iMovieは、簡単に使えるインターフェースを持ち、動画編集に必要な多くの機能を提供しています。
 

iMovieの特徴と価格

iMovieは、MacやiOSデバイスに標準でインストールされており、無料で利用できます。iMovieを使用することで、ビデオ編集の初心者から上級者まで、幅広い層がプロフェッショナルなビデオ編集を行うことができます。
また、iCloudとの連携が可能であり、MacとiOSデバイスの間で編集中の動画を簡単に同期することができます。
 

iMovieの対応環境

iMovieの対応環境は以下のとおりです。

・macOS 11.5.1以降
・iOS 15.2以降


https://www.apple.com/jp/imovie/

Clipchamp

Clipchampは、クラウド上で動作するビデオ編集ソフトウェアです。Webブラウザーからアクセスして利用することができます。
 

Clipchampの特徴と価格

Clipchampは、ユーザーがアップロードしたビデオをクラウド上で処理し、高速な編集体験を提供します。また、動画のサイズや解像度などのカスタマイズも可能です。
さらに、ユーザーはClipchampのライブラリから提供される多数のエフェクト、音楽、サウンドエフェクトなどを利用することができます。

Clipchampには無料版と有料版の2種類があり、有料版は毎日動画編集を行っている人に適しています。月額1,374円で利用できますし、年払いだと30%お得な13,724円で利用できます。
 

Clipchampの対応環境

Clipchampの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 7以降
・macOS 10.12以降


https://clipchamp.com/ja/

Lightworks

ightworksは、プロフェッショナル向けの高機能なビデオ編集ソフトウェアです。1990年代から開発が続けられ、映画やテレビ番組などの制作に広く利用されています。
また、無料版と有料版があり、初めてのユーザーにも使いやすいように設計されています。
 

Lightworksの特徴と価格

プロフェッショナルな映像編集ツールとして高い評価を受けており、多数の賞を受賞しています。無料版でも多機能で使いやすく、初心者から上級者まで幅広い層に利用されています。
ただし、高機能であるため、操作方法を習得するには時間がかかる場合があることを念頭においておきましょう。
 

・無料
・月間ライセンス(23.99ドル)
・年間ライセンス(239.99ドル)
・買い切りライセンス(389.99ドル)

Lightworksは、上記の料金形態となっています。自分の利用用途に合わせて選ぶようにしてください。
 

Lightworksの対応環境

Lightworksの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 7以降
・macOS 10.14以降


https://lwks.com/

Shotcut

Shotcutは、Windows用の動画編集ソフトです。アメリカの企業が開発を行っており、プロに近い機能と画面構成を持っています。
 

Shotcutの特徴と価格

Shotcutは、無料で利用することができます。初心者でも使いやすい動画編集ソフトですが、高度な編集機能も備えているため、上級者にもおすすめできます。
無料で利用することができるため、本格的な動画編集ソフトを使用したい人におすすめです。
 

Shotcutの対応環境

Shotcutの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 7以降


Shotcutは全て英語表記ですのでご注意ください。
https://shotcut.org/

VSDC

VSDCは、Windows用の動画編集ソフトです。VSDCは動画編集だけではなく音声フォーマットにも対応しています。
 

VSDCの特徴と価格

VSDCには以下の機能が備わっています。

・ビデオキャプチャ
・スクリーンレコーダー
・エクスポート
・マスキング
・モーショントラッキング
・チャート操作
・ノンリニア動画編集


VSDCにはカメラの揺れなどを削除できるビデオ安定化ツールが用意されています。そのため、ドローンなどで撮影した映像も揺れを抑えて見せることができます。
無料版と有料版があり、有料版では無料版と比べて利用できる効果が多くなります。VSDC有料版は年間2,896円(税込)で利用可能です。
 

VSDCの対応環境

VSDCの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 10
・Windows 8
・Windows 7
・Windows Vista
・Windows XP SP3


https://www.videosoftdev.com/jp

VideoPad

ビデオとオーディオのトリミング、カット、分割、クリップの結合、トランジションの追加など、基本的な編集機能が備わっています。
また、色調補正やエフェクトの追加、テキストのオーバーレイなど、より高度な編集機能も含まれています。
 

VideoPadの特徴と価格

VideoPadの特徴は以下のとおりです。

・50種類以上のエフェクト
・業界トップクラスの処理速度
・DVDの買い込みとSNS対応
・使いやすい設計


それだけではなくシーンとシーンの切り替えはテンプレートを活用することで行うことができます。動画編集ソフトの知識がなくても、好きな切り替えをシーンごとに選ぶことで簡単に設定できます。登録不要、無料で利用可能です。
 

VideoPadの対応環境

VideoPadの対応環境は以下のとおりです。

・Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/1
・macOS X 10.5以降
・iPhone/iPad iOS 6.0以降


https://www.nchsoftware.com/videopad/jp/index.html

Openshot

Openshotは、使いやすく覚えやすいパワフルな動画編集ソフトです。動画編集初心者でも簡単に利用できるようにシンプルな設計となっており、機能や使い方は公式サイトにしっかりと記載されているため安心です。
 

Openshotの特徴と価格

Openshotは、ビデオ編集以外にも、アニメーションや3Dグラフィックスなどの機能もあります。これらの機能を使用することで、ビデオにアニメーションや特殊効果を加えることができます。
無料で利用することができますので、どの動画編集ソフトを使ったら良いのかわからない方におすすめです。
 

Openshotの対応環境

Openshotの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 7以降
・macOS 10.9以降


Linuxでは、Ubuntu、Debian、Fedoraなどにも対応しています。Openshotはオープンソースですので、多くのユーザーによって引き続き開発がされています。
https://www.openshot.org/ja/

Hitfilm Express

Hitfilm Expressは、FXHomeから発売されている動画編集ソフトです。日本語には対応していないため、注意が必要です。Mac、Windowsともに対応しています。
 

Hitfilm Expressの特徴と価格

Hitfilm Expressは無料版と有料版があります。無料版でも動画編集ソフトに必要な機能は十分備わっていますし、フルHDまでなら問題なく書き出すことが可能です。クリエイタープランは月額7.5ドル、プロ向けプランは月額12.50ドルで使用できます。
Hitfilm Expressは、他の動画編集ソフトと比較すると要求スペックが高いため本格的な動画編集を行うことができます。
 

Hitfilm Expressの対応環境

Hitfilm Expressの対応環境は以下のとおりです。

・Windows 10(64ビット)
・Windows 11(64ビット)
・macOS 10.15以降


対応しているスペックはよく確認するようにしましょう。
https://fxhome.com/product/hitfilm

まとめ

今回はおすすめの動画編集ソフトについて紹介しました。動画編集ソフトは無料版、有料版、機能性などさまざまな種類があります。動画編集ソフトを購入する前は、自分が持っているPCが対応しているのかを必ず確認するようにしましょう。
動画編集は今後さらに需要が高まると言われています。案件獲得を目指すのであればPremiere Proがおすすめです。是非参考にしてみてください。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約