動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
生命保険業界における動画活用方法と事例とは?

生命保険業界における動画活用方法と事例とは?

生命保険業界における動画活用方法と事例とは?
万が一に備える上で重要な生命保険ですが、顧客に対してうまく商品の魅力を伝えられずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。もしそうであるならば、動画を活用してみることをおすすめします。

この記事では、生命保険業界で動画を活用すべき理由や活用方法などをご紹介。動画を活用した営業や商品紹介に興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

1.生命保険業界で動画を活用すべき理由


生命保険業界でも動画は活用すべき存在ですが、その理由として以下の4つが挙げられます。

理由1.生命保険の必要性をアピールできるため

世の中には生命保険をいらないと考える方がいます。YouTubeでも生命保険が不要であることを伝える動画が投稿されており、その影響で生命保険がいらないと思うようになるかもしれません。
ただ、それでも万が一何かあった時が心配な方や生命保険に対して具体的な知識を持っていないにもかかわらず不安と考える方もいることでしょう。そのような方に対して、動画を用いてアピールすることにより、生命保険の必要性を理解してもらいやすくなります。

理由2.営業する上で役立つため

生命保険の商品はどうしてもすぐ把握できるものではないため、営業スキルが非常に重要となります。ただ、社員全員の営業スキルをハイレベルにするというのは非常に大変なものです。
そこでおすすめなのが、動画を用いた営業です、自社の概要や保険内容を動画で紹介することで、顧客も理解しやすくなります。その上、営業をサポートしてくれるため、効果的に顧客に対してアピールできます。

理由3.他社と差別化できる要因になるため

生命保険はさまざまな商品があるため、初めて探す顧客にとってはどれがいいのか迷ってしまうものです。
その上、とっつきにくい要素もあることから、どこも同じように思えるでしょう。その際に大切なのが他社との差別化であり、他の会社とは違った魅力があれば、顧客からの注目を集められます。
「他社との差別化とは言われても、どういうことをすればいいのか…」と迷うかもしれませんが、その際にも動画が役立ちます。意外にも生命保険業界による動画活用は少ないものであり、事実YouTubeで「生命保険」と検索しても、生命保険会社による動画が上位にヒットしません。そのため、動画を活用することで他の会社と差別化を図ることができます。

理由4.マーケティングとしても活用できるため

生命保険業界における動画活用は、マーケティングの一環としても役立ちます。実際に動画マーケティングという手法も存在しており、動画を活用した新商品のアピールや会社の知名度向上などを目指して運用されています。そのため、効果的なマーケティングを実施したい方にも動画がおすすめです。

生命保険業界での動画活用方法

生命保険業界における動画活用方法としては、主に3つ挙げられます。それぞれどのような方法なのでしょうか。

商品紹介動画

保険業界は具体的な商品を動画などで紹介することは保険業法的に難しい部分がある上に、顧客に間違った情報を伝えられないという責任もあります。そのため、具体的な商品紹介まで動画では伝えられません。
しかし、保険加入の動機付けを強めたり誘導したりする動画は可能です。グラフやアニメーション、インフォグラフィックなどを用いることで簡潔に紹介できるため、生命保険に対して詳しくない方でもカテゴリといったことが把握しやすくなります。

インタビュー動画

生命保険はお試し感覚で始められるものではないからこそ、顧客としてはどうしても自分に合った商品なのかどうか不安になってしまいます。そのため、「魅力的な商品とはいえ、本当に良いのか不安…」と加入するのをためらってしまわれるかもしれません。
顧客の不安を取り除く上で役立つのが、保険加入者に対するインタビュー動画です。実際に加入している方の声を紹介することで、加入しようか迷っている顧客の後押しをしてあげられます。その上、具体的に保険が支払われるケースまで把握できるため、万が一のことがあった際の対応まで把握できます。

ウェビナー動画

動画は生命保険の加入を考える顧客だけではなく、業界で働きたい求職者に対しても効果的です。その1つが会社説明動画であり、わざわざ開催会場に行くことなく事業内容やインターンシップの内容を紹介できます。
求職者としては、生命保険業界の基本情報が簡単に把握できるため、業界研究の資料として役立ちます。また、自分が本当に生命保険業界で活躍できるのかといったことまで把握できることから、働く前と後におけるイメージのギャップを減らせます。

生命保険業界での動画活用事例

生命保険業界では、商品紹介やウェビナーなどで動画を活用できます。ただ、具体的にどうやって活用すればいいのでしょうか。
そこで最後の項目では、生命保険業界での動画活用事例を上記の項目に合わせて紹介します。

商品紹介動画の場合

上記でも述べたように、生命保険の商品は数多くあるため、動画自体もさまざまあります。例として日本生命の場合、「みらいのカタチ」という商品を動画で紹介しています。

この動画では、いきなり商品紹介に入らず、病気のことから紹介。病気の恐ろしさやリスクを伝えることで、生命保険への興味を持たせようとしています。その上で商品紹介をすることにより、生命保険の重要性を理解した上で加入するかどうか検討することができます。
また、「みらいのカタチ」では各ジャンルに分けた商品紹介動画を展開。さまざまな種類を用意しておくことで、それぞれの悩みを持つ方から見てもらいやすくなるようにしています。

インタビュー動画の場合

利用者のインタビュー動画の事例として、カーディフ生命が挙げられます。カーディフ生命では、実際に保険金を請求した加入者のインタビュー動画を複数公開。どのような背景から保険金を請求し、カーディフ生命に対してどのような想いを持っているのか把握できます。

カーディフ生命のインタビュー動画は、どれも視聴者の感情に訴えかけるものが多く、生命保険の必要性や実際に病気となってしまった場合の恐ろしさなどが感じられます。視聴者の感情を動かすことは動画マーケティングにおいても重要であるため、これから動画を制作するのであれば、視聴者の感情に訴えかけるような内容を心がけてみましょう。
ちなみに、視聴者の感情に対して訴えかける動画としてタイの生命保険会社「Thai Life Insurance」が挙げられます。感動的なCMを作ることで知られていますが、動画内では会社説明や商品説明といった具体的なことに触れていません。しかし、それでも強く印象的に残る内容であることから、「Thai Life Insurance」の知名度向上につながっています。

会社説明動画の場合

会社説明動画としては、明治安田生命や第一生命などが挙げられます。

どちらもダイヤモンド Virtual LIVEセミナーで行われた内容ですが、動画で紹介することにより、地方に住んでいる方でもどのような会社なのか把握することが可能。会社説明が行われる会場へ行く必要がなくなるため、求職者の負担も無くなります。

生命保険業界でも積極的な動画活用を

今回は、生命保険業界で動画を活用すべき理由や活用方法などを紹介しました。
生命保険業界における動画活用はまだ少ないため、他社との差別化を図る上で動画は有効的な方法です。その他にも動画を活用することで得られるメリットがあるため、この機会に取り入れてみてはどうでしょうか。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?
  • メディア博士資料ダウンロード
  • 動画活用ウェブセミナー
  • マニュアルの作成・管理ツール「マニュアル博士」

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」 【ウェブセミナー】- 社内の誰もができる! -スマートフォンでの動画撮影テクニック

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約