バイクはまだ需要ある?バイク業界で動画活用する事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
バイクはまだ需要ある?バイク業界で動画活用する事例をご紹介

バイクはまだ需要ある?バイク業界で動画活用する事例をご紹介

バイク業界における動画活用は広告と情報の紹介にある

株式会社バイク王 & カンパニーが出したバイクなどの新車販売台数は、2017年から2020年にかけて数が減ってきています。
参照:「株式会社バイク王 & カンパニー」業界動向

販売台数が減少している中、バイクは新型コロナウイルス感染症にかかる要素の3密を避ける移動手段として注目されました。注目された結果、2020年のバイク免許取得件数や原付第二種以上の新車販売台数は増加傾向にあります。
参照:「株式会社バイク王 & カンパニー」免許取得応援&買い替え応援、今だけ最大40,000円キャンペーン

再び需要が戻りつつあるバイク業界をさらに盛り上げるには、バイクの魅力を消費者に伝えることでしょう。バイクの魅力を伝える手段に適しているのが動画で、活用する場合は広告や情報の紹介に使えます。動画は画像では表現しきれない迫力やスピード感などの魅力を伝えられるため、視聴者が購入するきっかけを作れるかもしれません。こちらでは広告と情報の紹介目的で作る動画の事例をご紹介いたします。

バイクに関する商品を広告する

CM動画でバイクを幅広い人に伝える

消費者にバイクの魅力を伝える映像コンテンツといえば、CM動画です。
CM動画であればテレビをはじめ、WebページやSNSなどで宣伝する際に使えます。画像や文字で作られたWebページなどに比べて短時間で情報を伝えられるため、忙しい現代人には適した広告方法といえるでしょう。

参考事例として株式会社ツバメ・イータイムがアップロードした電動バイクのCM動画。
電動バイクを走らせながら、特徴やメリットを伝える動画です。30秒間に電気で走る性質や電気代、新しいタイプのバイクであるなど要点を上手く伝えています。

店舗で販売するバイクを紹介する

CM動画は紹介するバイクの特徴などを短時間で伝える映像コンテンツです。
性能を中心に紹介したい場合は、店舗で販売しているバイクの解説動画を作ると良いでしょう。バイクの性能解説を動画にしておくと、商品の魅力に惹かれた視聴者が販売店に足を運ぶ可能性が生まれます。視聴者は動画で性能面を知っているため、店舗で説明する手間も省けるでしょう。

参考事例としてバイク館SOXがアップロードした輸入バイクの紹介動画。
中国ホンダから輸入した珍しいバイクを紹介する動画です。主な性能やエンジンの音、車体の大きさなどバイクの魅力を伝える構成になっています。

バイクガレージを紹介する

車を保管する車庫があるように、バイクガレージがあるのはご存じでしょうか。
バイクガレージがあれば、盗難や雨などからバイクを守ってくれます。バイクガレージの魅力を動画にして紹介できると、バイクを購入した視聴者が一緒に購入してくれるかもしれません。

参考事例としてエクステリア専門店のまろうどがアップロードしたCM動画。
イギリスから生まれたオシャレな自転車・バイク倉庫を紹介する動画です。実際に使用している様子を映しつつ、耐久性やセキュリティ面の良さを伝えています。

バイクのカスタムパーツを紹介する

カスタムパーツとは、バイクを改造するために消費者が好みで取り付ける部品です。

例えばスマホホルダーやグリップ。
車検などに問題が出ない程度に自分が使いやすいバイクが作れるでしょう。カスタムパーツを紹介する動画を作っておくと、興味を持った視聴者が映像コンテンツ経由で購入する可能性が生まれます。

参考事例として株式会社デイトナがアップロードしたオートバイ専用ドライブレコーダーの紹介動画。
バイクに取り付けられるドライブレコーダーを紹介する動画です。バイクにドライブレコーダーを取り付けて走る映像を映し、カメラの性能面を主に紹介しています。

バイクに関する情報を紹介する

バイク整備の方法を紹介する

バイクに乗り始める場合は、日頃の整備を覚えなければなりません。
整備はプロに任せたら良いと考える消費者がいるかもしれません。しかし、費用と時間を考えると、できるところは自分の手で対応した方が良いです。整備方法を動画に残しておくと、バイク初心者だけでなく購入を検討している視聴者が抱く購買行動のハードルを下げられます。

ンを綺麗にする方法を紹介する動画です。使用する道具や整備工程を映像で流しつつ、注意点も記載された分かりやすい参考事例として初心者に向けたバイク整備を映した動画。
バイク整備の1つであるチェー構成になっています。

カスタムパーツの取り付け方を紹介する

バイクと共に使いたいカスタムパーツを購入した時、消費者がパーツの取り付け方が分からない場合も考えられます。

バイクの扱いに慣れた消費者であれば問題ありませんが、初心者であればカスタムパーツの取り付けに苦労するでしょう。カスタムパーツの取り付け方を動画に収めておくと、バイク初心者が抱くであろう取り付け方への不安を取り除けます。バイク初心者のカスタムパーツに対する購買行動のハードルを下げ、売り上げアップに貢献できるでしょう。

参考事例としてカスタムパーツの取り替え動画。
バイクのヘッドライトをLEDに取り替え、ライトの明るさを検証する動画です。ヘッドライトの取り外しからLEDの取り付けまでを手元で映しており、取り替え方法がイメージしやすい構成になっています。

バイクのPRイベントを動画で紹介する

バイクに関する情報紹介で動画が使える場面は、イベントがあります。
イベントの種類は新車のPRや展示、ツーリングなど様々です。イベントの様子を動画に残しておくと、興味を持った視聴者が足を運んでくれるかもしれません。

参考事例として株式会社ツバメ・イータイムがアップロードした電動バイクミーティングの動画。
電動バイクミーティングの様子をカメラに収めており、来場者がチラホラ見えています。

バイクを使った楽しみ方を紹介する

バイクは車と違い、体で風を感じながら道路を走れます。
バイクを好きになる人の中には、走行中の爽快感を挙げる人もいるのではないでしょうか。ツーリングやキャンプに行くなどバイクを使った楽しみを動画で伝えられると、購入を検討する人が出てくるかもしれません。

参考事例としてバイクキャンプの魅力を伝える動画。
1人でバイクキャンプを楽しむメリットなどを話しつつ、積み荷の様子を紹介する動画です。目的地に向かっている途中から始まり、走るバイクから撮った映像がほとんどになっています。

まとめ

広告と情報の紹介目的で作る動画の事例をご紹介しました。

バイク業界では新規と既存の消費者に向けて広告や、バイク免許を取っていない人など様々な層に対して情報を紹介する動画を作ると良いでしょう。バイク免許取得件数が増えている現状を考えると、売り上げ向上が見込めます。

メディア博士では定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えしています。
撮影手順から情報発信、改善提案など動画作成のお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら