ペット需要で売り上げアップ?熱帯魚ショップにおける動画活用の事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
ペット需要で売り上げアップ?熱帯魚ショップにおける動画活用の事例をご紹介

ペット需要で売り上げアップ?熱帯魚ショップにおける動画活用の事例をご紹介

熱帯魚ショップにおける動画活用は商品などの紹介と情報共有にある

テレビ朝日の番組『グッド!モーニング』内のコーナーで、『ベタ』と呼ばれる熱帯魚がコロナ禍で人気沸騰中と報道されました。
参照:テレ朝news「コロナ禍で人気の“ベタ” 新井恵理那も愛着わき…」

動画にもある通り、ペット需要急増の影響で熱帯魚にも目が向けられています。熱帯魚を主に扱う店舗や通販サイトは、売り上げアップを狙う絶好の機会といえるでしょう。

売り上げアップを狙う最適な手段は動画です。
熱帯魚ショップや通販サイトで動画活用するには、商品などの紹介や飼育に関する情報の共有にあります。こちらでは商品などの紹介や情報共有で使う動画の事例をご紹介いたします。

商品や店舗を紹介する

商品の魅力や特徴を伝える

熱帯魚ショップや通販サイトで売り上げアップを狙うには、商品の魅力や特徴を伝える動画を作ると良いでしょう。
画像や文章では表現が難しい熱帯魚の動きを視聴者に伝えられるため、購買意欲の刺激につながります。飼育に必要なアイテムは使用している姿を動画で見せると、利用シーンをイメージできた使用者が商品を購入してくれるでしょう。

参考事例としてAQUASHOPゆうがアップロードした『タイゴースト』と呼ばれるザリガニの動画。
水槽内で管理されているタイゴーストの様子を映した動画です。白や青色メインの体が印象的に映っており、癒やしを感じた人はタイゴーストを購入したくなるでしょう。

セット商品の内容を伝える

店舗や通販サイトが販売する商品の中には、単品に限らずセットで売られている品物もあります。

例えば飼育セット。
飼育セットが購入できるとしても、どのようなアイテムが入っているかは分かりません。文章や画像でセットの内容を記載していても、熱帯魚の飼育初心者の方々は分からない場合が多いでしょう。セット商品の内容を伝える動画を作成しておくと、付属品の使い方や役割も紹介できます。

参考事例としてお魚大好きチャンネルの『マリンテーラー』がアップロードした飼育セットの紹介動画。
『Tetra スマート熱帯魚飼育セットSP-17TF』の開封する様子を映し、セット内容を見せる動画です。セット内容の規格や性能なども一緒に解説しており、購入を検討している視聴者の不安を解消できる動画といえるでしょう。

販売する商品の仕入れ情報を伝える

商品紹介以外で熱帯魚ショップの売り上げにつながる動画活用は、仕入れ情報を伝える映像コンテンツでしょう。
商品を仕入れてすぐに動画を撮影してWeb上にアップロードできるため、Webサイトよりも早く視聴者に情報を伝えられます。

参考事例としてAQUASHOPゆうがアップロードした店舗の入荷情報を紹介する動画。
店舗に取り寄せた商品を箱から取り出す様子を映した動画です。熱帯魚や水草などを紹介しつつ、おすすめ商品を伝えています。

店舗内の雰囲気や品揃えを伝える

熱帯魚をペットとして飼いたいと考える消費者は、どの店舗に行けば良いのか分からないでしょう。
近くにある熱帯魚ショップに足を運んだとしても、消費者が望む種類の観賞魚や関連商品があるとは限りません。わざわざ足を運んだ熱帯魚ショップに欲しい商品がなかった場合、消費者は店舗に対して品揃えが悪いイメージを抱いてしまいます。

店舗案内の動画を作っておくと、視聴者に店内の様子や品揃えを紹介できます。熱帯魚ショップを探している視聴者の目に留まった場合、店内を細かく見たいと来店するきっかけづくりにもなるでしょう。

参考事例としてアクアスタジオ・ネイチャーがアップロードした店舗紹介の動画。
店舗の入り口から動画は始まり、様々なコーナーを巡って雰囲気を見ていく動画です。販売している商品の品揃えや内装が分かるため、視聴者は来店の不安を解消できるでしょう。

飼育に関する知識を伝える

熱帯魚のおしゃれな飼い方を提案する

熱帯魚の飼育を楽しむ人の中には、アクアテラリウムを作る方もいます。
アクアテラリウムとは、水槽の中に水中と陸地を混合させた飼育スタイルです。水中にいる熱帯魚だけでなく、陸地の観葉植物や水の落ちる光景を眺めて楽しめるでしょう。

参考事例としてwabisabi.comがアップロードした熱帯魚のおしゃれな飼い方を紹介する動画。
主にアクアテラリウムの魅力を伝える動画ですが、熱帯魚を飼育する場合も紹介されています。水槽内を水で一杯にする飼い方以外にも、熱帯魚の飼育には選択肢がある旨を伝える動画といえるでしょう。

熱帯魚の飼育方法を解説する

熱帯魚の飼育は難しいです。
エサを与える頻度は毎日2回~数回で、飼育する熱帯魚が必ず食べきれる量を与えなければなりません。水換えの頻度は週に1回で、入れ換える水は塩素抜きをするなど一手間かけなければなりません。

知らなければ魚に負担を与えてしまうため、熱帯魚の飼育を予定する人には知識教育をする必要があります。熱帯魚の飼い方を伝える動画を作っておくと、知識の共有だけでなく、飼育の相談をしたい視聴者がお店に足を運んでくれるでしょう。

参考事例としてアクアリウム大学がアップロードした熱帯魚にエサを上手に与える方法を話す動画。
エサを与えた後に水槽内を観察し、全ての魚が食べているかを確認する大切さを伝えています。

飼育に必要な商品を紹介する

熱帯魚を飼う場合は、水槽やエサを購入しても正しい飼育はできません。
10種類以上もある必要な商品を全て揃えて、はじめて飼育ができる環境といえます。熱帯魚の飼育に必要な商品を紹介する動画を作っておくと、視聴者に喜ばれます。必要な商品を購入するために通販サイトへアクセス、または店舗に来店するきっかけづくりにもなるでしょう。

参考事例として熱帯魚の飼育に必要なアイテムを解説する動画。
熱帯魚の飼育に使うアイテムを紹介しつつ、必要な理由を解説しています。それぞれのアイテムが必要な理由も解説してくれるため、説得力のある動画といえるでしょう。

組み立てが必要な商品の使い方を解説する

熱帯魚を入れる水槽は、買った後に組み立てる必要があります。
しかし、説明書を見ても組み立て方をイメージできない人も出てくるでしょう。水槽の組み立て方を動画に残しておくと、消費者は悩まず商品を組み立てられます。すぐに商品が使えるよう消費者を誘導できると、顧客満足度の向上につながるかもしれません。

参考事例として水槽の組み立て動画。
組み立てる水槽や合わせて使うアイテムを紹介する動画です。水槽を組み立てる様子や濾過器と照明器具を設置する風景を映しています。

まとめ

商品などの紹介や情報共有で使う動画の事例をご紹介しました。

消費者に商品やお店の魅力、店舗に対する不安解消につながる動画コンテンツを作ると良いです。または熱帯魚に興味を持ってもらうために魅力を伝えられる映像コンテンツや、飼育を助ける動画を作るのも良いでしょう。

メディア博士では定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えしています。
撮影手順から情報発信、改善提案など動画作成のお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら