企業のTwitter動画活用における効果・メリットについて詳しく解説!|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
企業のTwitter動画活用における効果・メリットについて詳しく解説!

企業のTwitter動画活用における効果・メリットについて詳しく解説!

Twitterアカウントを開設し、企業認知度を上げて多くのユーザーを獲得している企業が多く存在します。一方でアカウントを開設しているものの、視聴者を多く獲得できないと悩んでいる企業もあります。Twitterでの運用に伸び悩む企業は、動画活用をおこなう必要があります。

本記事ではTwitterでの動画活用の効果・メリットを紹介します。企業のTwitter担当の方、これからTwitterアカウントを運用していく企業様はぜひ参考にしてください。

Twitter動画活用のメリットと効果

Twitterの動画活用にはどのようなメリットがあるのか、メリットと効果を紹介していきましょう。

幅広い年齢層にリーチが可能

Twitterは多くのユーザーが利用しています。特にボリュームの多いユーザーは20代から40代のユーザーで、商品やサービスによってはテレビ以上の効果が期待できます。
商品やサービスのメインターゲットが20代〜40代であれば、多くのユーザーにTwitterで発信する動画を視聴してもらえる可能性があると認識しておきましょう。

ブランドや商品に関する意見が多い

他のSNSに比べ、ブランドや商品に関する投稿件数が38%多いと言われています。商品やサービスに対してアンテナを張っているユーザーが多いため、企業アカウントが発信する商品やサービスを紹介している動画や、サービスを詳しく説明した動画広告を視聴してもらえる可能性があります。

購入意欲や認知度が上がる

Twitterでは投稿した動画が拡散されやすく、ユーザーが興味を引く動画を投稿すれば、1日の間に何十万人に情報を発信出来ます。

動画の内容を工夫すれば、動画を発信した企業の商品やブランドに興味を持ち、購買意欲や認知度向上につなげることが可能です。
テレビCMを作るのが難しい企業でも、1つのツイートで多くのユーザーが視聴できると認識しておきましょう。

低コストで制作が可能

Twitterの動画の多くは、スマホで撮影された動画です。社員のスマホで撮影した映像を、スマホ用の編集ソフトで加工し宣伝動画として投稿することも可能です。投稿した映像が視聴者に好意的に捉えられ、拡散に成功すれば、低コストで多くのユーザーに動画を視聴してもらうことも期待できます。

撮影・編集のノウハウのない企業でも、Twitterの動画であれば簡単に自社で制作ができると認識しておきましょう。

テキストや画像に比べ多くの情報を手軽に発信可能

低コストだけでなく、撮影してすぐに動画を公開できる点もTwitterの魅力の1つです。スマホで撮影をすれば、短時間で動画制作も可能です。社員のインタビュー映像や、イベント会場でのリアルタイム映像発信など、さまざまな状況に合わせて動画活用が可能です。
テキストや画像に比べて、動画ではさまざまな情報量を伝えられます。

テキストでは理解されない商品やサービスを紹介したり、企業のブランドイメージを伝える際は、動画活用をおこない視聴者に有益な映像を届けるように心がけましょう。

引用:https://marketing.twitter.com/ja/collections/video-on-twitter

動画活用で気を付けること

Twitterでの動画活用を検討する際に、気を付けるべきポイントもあります。以下の項目にも気を付けるように心がけてください。

目標を設定する

動画活用をする際には、必ず目標を設定しましょう。動画を闇雲に制作しても、視聴者が動画を見てもらえない可能性があります。ユーザーへの認知度を高めるために、動画を制作するのか、商品がどのようなものなのか購入予定の方へ動画を発信するのか、細かいゴールを設定して動画制作をおこないましょう。

例えば、ユーザーが潜在的に持っている業界への固いイメージを崩すのであれば、コミカルな動画を発信し、親和性が高いことをアピールするといった目標設定です。
細かく目標を設定し、動画を有効的に発信しましょう。

短時間で伝えられる動画を意識

Twitterの動画の多くは、15秒〜30秒程度で構成されています。短時間で魅力的な動画を制作することも大切です。長くても1分程度で発信できるような動画を意識し、視聴者に見られる工夫を心がけましょう。

シェアされやすい動画の作りを検討する

Twitterの動画活用で最も大切なことは、シェアされる動画作りを意識することです。いくら魅力的な動画を制作しても、シェアされなければタイムライン上に埋もれてしまう恐れがあります。
興味のないユーザーでも動画を拡散したくなるような仕組みを検討し、動画を発信するように心がけましょう。

健全なアカウント運用が必要

Twitterの動画活用を有効にするためには、アカウントを定期的に運用する必要があります。アカウントが定期的にプライベートアカウントのように情報を発信すると、ユーザーがアカウントに興味を持ち、フォロワーが増える可能性があります。

アカウントのフォロワー数が増えれば、商品情報やキャンペーン企画を動画で発信した際に、多くのユーザーに拡散してもらえる可能性があります。Twitterを開設した際には、健康的なアカウント運用を心がけるようにしましょう。

事例

やすもと醤油

twitter_column
Twitter:https://twitter.com/yasumotoshoyu/status/1323178226814865411
創業1885年の老舗醤油屋は、Twitterを始める前は、島根県の人たちしかしらない醤油メーカーでした。Twitterのある呟きが拡散し、一気に知名度が上がり今では9万人のフォロワー数を獲得しています。

動画活用は不定期におこなわれ、その多くが会社前の風景や、創業時から使われている道具などの雑学的なものが多く占めています。
Twitterでは、ホームページでは伝えられない情報を伝えることで多くのファンを獲得しているため、有効な方法と言えるでしょう。

青木防災

twitter_column
Twitter:https://twitter.com/aokibosai/status/1375010948717535237
サービスや商品が特定の分野のため、商品の魅力を伝えることが難しい企業でも、Twitterによる動画活用すれば、企業認知度を高めることも可能です。
青木防災は大阪を拠点としたビル、マンションなどの保全業務を取り扱う企業です。青木防災では、猫の動画を定期的に発信し、猫好きにアピールをしています。

さらに、猫の情報だけでなく、定期的に企業の事業内容を紹介するため、TL上で何をやっている企業なのか、フォロワーは情報を知ることが可能です。
商品やサービス動画活用で紹介することが難しい場合は、動物などを登場させユーザーの興味を惹きつけましょう。

尾道美術館

尾道美術館では、警備員さんと猫のやりとりを英語で発信したことにより、日本人だけでなく世界からも注目を集めることに成功しました。

Twitterは、日本語だけでなく英語でも発信が可能です。海外の人たちが注目するキーワードで発信すれば、世界へ動画を発信することも可能です。
インバウンド向けの海外観光客を勧誘したい企業、世界へ商品をアピールしたい企業は日本語だけではなく、英語で情報を発信するようにしましょう。

まとめ

Twitterの動画活用で企業の認知度を上げる方法は、今後も企業のブランドイメージ、商品紹介をするうえでは欠かせないものになります。まだTwitterを開設していない企業さんは、手軽に情報を発信できるTwitterでの動画活用を検討しましょう。

メディア博士はクラウド型動画編集ツールとなっており、Twitterで制作する動画を初心者でも簡単に動画作成が可能です。Twitterで撮って出しの映像だけでなく、編集技術を取り入れた動画作成を検討している担当者様は、導入をご検討ください。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら