企業がFacebookの動画活用をすべきメリット・効果について詳しく解説!|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
企業がFacebookの動画活用をすべきメリット・効果について詳しく解説!

企業がFacebookの動画活用をすべきメリット・効果について詳しく解説!

Facebookは、商品やサービスを宣伝しやすいプラットフォームで、テキストと画像を使用し、これまでに宣伝をした経験があるのではないでしょうか。
その中で最近注目されている宣伝方法が、動画活用の宣伝方法です。本記事ではFacebookの動画活用のメリットや注意点を紹介しながら、Facebookにおける動画作品をご紹介します。

Facebookの動画活用の効果とメリット

Facebookを利用した動画活用の効果とメリットについて解説します。

企業イメージのアップ

Facebookで映像を制作すれば、企業イメージアップも可能です。企業のFacebookページにアクセスすると、企業のPVを紹介し、ホームページでは伝えられない情報をユーザーに向けて発信している動画もあります。
企業イメージアップにつながる動画を検討している企業は、Facebook上の動画活用を検討しましょう。

宣伝効果

Facebookの映像で話題になるものは他のユーザーにシェアされやすく、場合によっては投稿した動画が評価され、多くの方に視聴してもらえる可能性があります。
1つの動画が拡散されれば、低コストで企業情報、サービス紹介、商品情報などの拡散が可能です。
拡散力のある動画を作れば、企業が想定しているターゲット視聴者に、閲覧してもらえる可能性が期待できると言えるでしょう。

動画広告として展開も可能

Facebookには、不特定多数のユーザーに対してTL上に動画を表示する広告機能があります。既に投稿した動画をプロモーション映像として活用することも可能です。
商品やイベントなど、多くのユーザーに認知してもらいたい情報を発信する際は、動画広告を活用してみるものよいでしょう。

手軽に発信が可能

Facebook上に投稿できる動画は、本格的な動画撮影・編集をしたものから、スマホで撮影した動画までさまざまなアプローチでの情報発信が可能です。編集するスキルがない企業でも、商品の製造過程や、担当社員による一言メッセージなど、工夫次第で動画を活用した情報発信が可能になります。

YouTubeに比べ手軽に投稿した動画でも、視聴してもらえる可能性があるため、他のプラットフォームで発信するよりもハードルが低いことを理解しておきましょう。

動画活用での注意点

Facebookで動画活用する際は、以下のポイントに注意をしてコンテンツを制作するようにしてください。

音声が無い動画でも成立するもの

Facebookを閲覧するユーザーの中には、動画を音声が無い状態で視聴することも珍しいことではありません。音声が再生されないことを前提として、映像だけで理解できるものや、テロップを入れて、映像で話し手が何を伝えようとしているのか分かりやすいものにするように心がけましょう。

15秒以下の動画

Facebookでは、TL上にさまざまなアカウントの投稿が掲載され、情報が流れてしまう恐れがあります。インパクトに欠ける映像を投稿すると、場合によっては視聴されずに素通りされる可能性があります。

ユーザーに素通りされないために、インパクトの強い映像を前半部分に設定し、視聴者の興味を惹きつける。15秒以内で完結する動画を作成するといった工夫を身につけるように心がけましょう。

縦型や正方形を検討して投稿する

Facebookでは、パソコンからの閲覧ではなくスマホから閲覧する方が多くいます。動画再生をした際に縦型で閲覧できる映像や、正方形の画角など、従来のPCで閲覧できる画角ではなく、スマホに適した画角で制作する方法を検討しましょう。

シェアをしてもらえるよう工夫をする

魅力的な動画を制作しても、シェアをしてもらわなければ動画がTL上に埋れてしまい、視聴者に見られない恐れがあります。
動画をシェアしてもらえるよう、テキスト文にはいいね!や拡散を誘導するコメントや、プレゼント企画と連動させて動画を投稿するなど、工夫を心がけるようにしましょう。

目的を明確にしながら情報発信をおこなう

動画活用を検討しているのであれば、どのような目的で動画発信をおこなうのか、目的を明確にしたうえでコンテンツを制作するように心がけてください。目的が無く一方的に動画を発信しても、視聴者が動画を閲覧しない可能性があります。
何を目的として動画活用をおこなうのか、目的を明確にしながら情報発信をおこないましょう。

コンテンツ例

Facebookで動画活用を検討している方の中で、どのような動画を発信すれば良いか分からない場合は、下記のような動画コンテンツを検討しましょう。

スマホによるレポート映像

撮影や編集の手間を省き動画を投稿するのであれば、スマホで撮影したコンテンツを作成しましょう。商品がどのような過程を経て作りあげられていくのかを紹介する製造ラインの紹介や、イベント会場がどのような賑わいを見せているのかを撮って紹介するなど、工夫をしましょう。

イベントの告知

商品のリリース日や、企業が参加するイベント、企業で取り組んでいる事業など、イベント告知を紹介する映像もFacebookでは積極的に活用されています。
特にFacebookのファンページや、企業ページにいいね!をしているユーザーは、企業の発信する映像を確認してもらえる可能性があります。

ファンが足を運びたいと感じるようなイベント開催に向けたお得なキャンペーン映像はもちろんのこと、イベントレポートを実況する映像を投稿し、「イベントに足を運びたいと感じる」ユーザーを増やすように心がけましょう。

ライブ映像

Facebookでは、リアルタイムの映像をFacebook上に紹介するライブ映像機能があります。商品発表や、イベントレポートなどライブ映像を活用した動画活用も可能です。
イベントレポートの手段としてライブ映像配信を検討している場合は、通信環境によって音声や映像が途切れてしまう恐れがあるので、事前にテスト配信を検討しておこないましょう。

ブランドイメージアップにつながるコンテンツ

商品紹介、企業PV映像、社員からのメッセージなど、ブランドイメージアップにつながるコンテンツを検討しましょう。

動画投稿例

無印良品

無印良品公式アカウント:https://www.facebook.com/muji.jp/
無印良品の運営するFacebookページでは、30秒以下のCM動画、無印良品の店舗で働くスタッフによる商品の有効活用法、無印良品がおこなっている新事業への取り組みなど、アカウントをフォローすると、無印良品のさまざまな側面を知れる構成になっています。

Facebookの企業ページはファンがフォローをするため、ファンが知りたい情報をあえて発信するなど、ターゲットを絞ったコンテンツ作りも有効と言えるでしょう。

茨城県

茨城県公式アカウント:https://www.facebook.com/ibaraki.pr/
茨城県のアカウントでは、地元をPRする映像を多く制作しています。地元出身タレントを出演させた動画、PR向けの30秒以下の動画など、バリエーション豊かな動画でユーザーの注目を集めています。
動画を制作する際には、明確な目的を持って動画の時間や、構成を練るように心がけてください。

ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツ公式アカウント:https://www.facebook.com/HaagenDazsJP
ハーゲンダッツでは、主に商品紹介をする際に動画を活用しています。視聴者の目に留まるように、1分以内で興味を引く動画を多数発信しています。動画の中には5秒で完結する作品もあります。Facebookの動画活用では、短時間でインパクトの強い映像を発信するために、何が必要になるのかが理解していただけるのではないでしょうか。

まとめ

・Facebook動画活用は認知度UPに大きく貢献
・15秒以内での工夫が必要

Facebookアカウントをお持ちの企業担当者さんは、ブランドイメージアップのために動画活用を検討してみてはいかがでしょうか。
自社で制作するうえでハードルが高いと感じられる企業担当者様は、メディア博士はクラウド型動画編集ツールとなっており、Facebookで制作する動画を初心者でも簡単に動画作成が可能です。Facebookで動画作成を検討している際は、導入をご検討ください。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら