不快な動画広告を未然に防ぐ!〜広告作成で気をつけるべきこと|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
不快な動画広告を未然に防ぐ!〜広告作成で気をつけるべきこと

不快な動画広告を未然に防ぐ!〜広告作成で気をつけるべきこと

動画広告は従来の広告に比べWEB広告として一般的になりました。動画広告は視聴者にサービスや商品を分かりやすく解説するメリットがあり、中小企業や小規模団体など、大手以外も簡単に参入できるメリットがあります。

一方で、視聴者を不快にさせる「不快な動画広告」も多く登場しています。不快な動画広告を作成すると、企業ブランドイメージを下げるだけでなく、最悪の場合はプラットフォームでの投稿ができなくなる可能性があります。不快な動画広告を避けるために、どのようなことに気をつけるべきか詳しく紹介します。

不快な動画広告を投稿するとどうなるか

制作者が特に意識をせず、不快な動画を投稿した場合、さまざまなデメリットがあります。不快な動画広告は最後まで視聴される可能性が低く、商品やサービスの特徴を紹介しても見られない恐れがあります。
プラットフォームの中には、不快な動画広告を停止する規約を設定するケースもあり、動画制作費用が全て無駄になってしまうこともあります。

さらに、ブランドの価値を下げてしまい、動画広告をきっかけに炎上事件に発展、既存のファンが離れてしまうことも予想されるでしょう。
不快な動画広告を作成すると、企業にとってマイナスな影響しか発生しないため、動画広告を作る際には、プラットフォームから停止判定を受けないような細心の注意が必要です。

不快な動画広告とは

具体的に不快な動画広告とは具体的にどのような動画広告が該当するのでしょうか。解説していきましょう。

誇大表現

商品紹介やサービスを紹介する動画で、誇大表現を多用する広告は注意が必要です。例えば、「これを飲めば絶対に痩せる」「このサービスに加入をすれば年収10万円UPする」などが誇大表現に該当します。
しかし、広告の性質上大多数に効果がある場合は、使いたくなってしまうという気持ちも理解できます。誇大表現ではないものの、商品の売りを紹介する際は、必ず「個人差があります」と注意喚起も合わせて発信をするようにしましょう。

コンプレックスを助長する

動画広告の中には、「コンプレックス商材」と呼ばれるものがあります。どのような商材かを簡単に説明すると、「コンプレックスを抱えた主人公が商品を使うことで、自分のコンプレックスを解消できた」とするものです。
コンプレックス商材は訴求力が高く、問題を抱えている人にとっては解決策を提示できるメリットがありますが、動画広告の内容によっては不快に感じることもあります。

例えば、太っている男性が太っていることで婚活に失敗するというストーリーの動画広告を視聴すると、実際に経験のある男性が、当時のツライ思い出を思い出してしまい、視聴することが困難になってしまう恐れもあります。
コンプレックス商材の動画広告を作成する際は、コンプレックスをかえって助長している動画広告になっていないか、厳しくチェックする必要があります。

人種差別・ジェンダーに触れる内容

最近では、人種差別につながる動画やジェンダーに触れる動画内容も炎上しやすい動画広告として注意が必要です。
誇大表現に注意をし、コンプレックス商材ではないサービスや製品の動画でも、マイノリティーの人を傷つけている動画の可能性もあります。

つまらない

全ての問題をクリアしても、動画の内容がつまらないものであれば、視聴者にとって「不快な印象」を与えてしまう恐れがあります。
動画広告がつまらないものにならないよう、視聴したユーザーが動画広告に興味を持つような起承転結を意識した動画作りを意識してください。

不快な動画広告を避けるために気をつけること

不快な動画広告を避けるために、どのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか。不快な動画広告を作らないために、制作者が気を付けるべきことを紹介します。

広告内容が商品・サービスと離れていないか

誇大表現を避けるため、制作した動画の内容と、実際に販売している商品やサービスがかけ離れていないか精査しましょう。

商品やサービスとかけ離れているものであれば、広告自体が誤解をユーザーに生んでしまう可能性があります。「絶対に解決する」という表現ではなく、「このサービスを使えば、あなたの抱えている問題を解決できる商品かもしれない」という柔らかい印象を与えるような動画内容を心がけましょう。

ターゲットを明確にしてストーリーを作る

コンプレックス商材の動画広告を作成する場合は、ターゲットを明確にしたうえで、動画全体のストーリーを構築しましょう。
意識することは、ターゲットとなるユーザーがどのような考えを持っているのか、リサーチを徹底した上で、ユーザー目線で動画のストーリーを検討してください。

ユーザーに寄り添った動画ストーリーが出来れば、不快な動画広告を回避するだけでなく、ユーザーから好意的な印象を持ってもらうことも可能です。
コンプレックス商材を制作する際は、「この商材を使用すれば解決できる」と訴求ポイントに意識をおくのではなく、全体のストーリーを設定して検討するようにしましょう。

複数名で動画をチェックする

動画を制作しても、制作者が見落としている「問題」が隠れている可能性があります。動画を作る際は、必ず複数人で動画をチェックして問題が無いか確認しましょう。

例えば、女性向けの化粧品であれば、女性に必ずチェックしてもらい不快に感じられるポイントがないか確認し、1人に確認をして終わらせるのではなく複数名でチェックしてください。
複数名でチェックをした後に、「違和感」を感じる箇所があれば、すぐに対応して問題を解消しましょう。

ポジティブな内容ではなく誰も傷つかない内容を心がける

動画広告をポジティブにすることも大切ですが、動画を視聴した全てのユーザーが誰もきずつかないような内容を意識することも大切です。

「女性はこうあるべき」「男ならこれをすべき」といった既存の社会理念を押し通す内容を入れると、動画広告としてネガティブな印象を与えてしまいます。
視聴者の立場に立った動画作りを意識すれば、自然と訴求力の高い誰も傷つかない動画内容の実現が可能なので、意識しましょう。

不安であればプロに依頼して動画を制作する

これまで紹介したポイントに注意をして動画広告を作成しても、「不快な動画広告」として判断されることもあります。動画広告を投稿後、停止処分を受けた場合は速やかに対応をしましょう。
動画広告の停止処分を受けるのが不安という企業様は、広告動画制作のプロに依頼をしましょう。プロに依頼をすれば、コストは高くなるものの不快にさせない訴求力の高い動画制作が可能です。

動画制作依頼が困難であれば、広告動画作成を支援する内製化ツールがあります。内製化ツールを使うことで、問題が解決される可能性もあるので、不安な場合はプロに依頼、内製化ツールの使用も併せてご検討ください。

まとめ

・不快な動画広告は投稿しても視聴者に見られない可能性がある
・人種差別、誇大表現などユーザーに不快な思いをさせない工夫が必要
・動画広告を作成する際はプロに依頼を検討することも1つの手

動画広告は商品やサービスをユーザーに直接訴求する魅力的な宣伝方法です。手段低コストで効果が高く、中小企業でも大企業の動画広告以上にユーザーへの認知が期待できます。
一方で、動画広告のアプローチを間違ってしまうと、ユーザーにネガティブな印象を与えてしまう恐れがあり注意が必要です。動画広告を作成する際は細心の注意を払い不快にさせない動画作りを心がけましょう。

メディア博士は、簡単なステップで訴求力の高い動画広告を作成する支援ツールを提供しています。動画広告の作成を検討している企業担当者様は、当社のサービスをご検討ください。

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら