動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
損害保険業界における動画活用効果・メリットについて詳しく解説!

損害保険業界における動画活用効果・メリットについて詳しく解説!

損害保険業界における動画活用効果・メリットについて詳しく解説!
先が見えない時代だからこそ、万が一に備えて損害保険に加入を検討しているお客さんも珍しくありません。損害保険と一言で言っても、さまざまなサービスがあり、「どの保険を選べば良いか分からない」と悩んでいることも。

損害保険をお客さんに分かりやすく解説する手段として、「動画活用」があります。本記事では、損害保険をはじめとした保険業界において、「動画活用」のメリットや気を付けるべきことを解説します。

動画活用のメリット・効果

動画活用すると、どのようなメリットがあるのかを簡単に解説しましょう。

視聴者に保険の知識を共有できる

ひとことで「損害保険」と言っても、さまざまな種類の保険が存在します。保険の知識が無い利用者は、自分がどの保険を利用すれば、自分の不安が解消されるか分からない状態です。保険会社は利用者の不安を解消するため、損害保険について解説する必要があります。

動画は、テキストと画像で解説する記事やパンフレットに比べ、短時間の動画で多くの情報を詰め込むことが可能です。「保険」という難しい情報だからこそ、視聴者に保険の正しい知識を身につけて利用してもらうことが可能です。

業務効率化

損害保険の営業では、お客さんにパンフレットを渡し、商談を進めるケースが多くあります。お客さんの中には契約前に疑問を解消するため、さまざまな情報を営業担当に聞き出し、気づけば膨大な時間が必要になってしまうこともあります。

動画を活用すれば、商品の特徴を説明した動画をお客さんに事前に共有することで、契約をスムーズに進めることも可能です。
さらに、営業用の資料を持ち運ぶ手間も省け、タブレット端末でプレゼンを展開することも可能になります。

他社との差別化ができる

動画活用をしたプレゼンを展開することで、他社との差別化が可能です。更に、紹介動画の中で、他社のサービスとどのように違うのか「視覚的」に訴えることも可能になります。
商品の特徴を分かりやすく解説しようと検討している場合は、動画を活用し、商品の差別化を目指しましょう。

特定のユーザーへ情報発信が可能

SNSで損害保険の商品を発信する際に、特定のユーザーにターゲットを絞って情報を発信することも可能です。特にSNSの中でFacebookは社会人でも積極的に利用しているユーザーが多く、30代以上を対象にした商品を販売しているのであれば、広告動画を効果的に発信することも可能です。
動画広告を展開する際は、従来のアプローチに比べてより効果的に情報発信できることを認識しておきましょう。

動画活用で気を付けること

損害保険の動画活用をする際に、いくつか気をつけなければいけないことがあります。動画活用をする際には、以下のポイントに注意するようにしてください。

動画制作に期間が必要

アニメーション・実写映像に限らず、商品を説明する動画を制作するためには一定の期間が必要です。損害保険の商品を誤解無いように伝えるために、動画内で誤解を招いてしまう表現は無いか、商品の説明が合っているのかと細かいポイントを確認する必要があります。

1本の動画が完成するまでに、最低でも2週間~1ヶ月程度制作期間が必要になるため、動画活用をする際は、計画を持ってスケジューリングをおこなうようにしましょう。

プロへ依頼するとコストが高い

動画の制作期間を短縮し、社内でのチェック体制を最小限に抑える選択肢として、「プロに依頼をする」方法があります。プロへ依頼をすれば、1ヶ月以内で動画制作をおこなうことも可能になります。

一方で、プロへの依頼は費用が高く、複数の商品紹介動画を制作するのであれば、一定の予算を確保する必要があります。
プロへの依頼へのハードルが高く、難しいと感じている方は、社内で動画を作成出来る内製化支援ツールの導入がおすすめです。内製化ツールを活用すれば、低コストでプロ並みに分かりやすい動画を自社で制作することも可能です。短期間でコンテンツを作りたい企業は、プロへの依頼、内製化ツールの導入を検討しましょう。

すぐに成果が出ない

YouTubeなどで商品紹介動画を掲載しようと検討している方は、すぐに成果が出ない可能性があり注意が必要です。営業資料は実際に使用をすれば、効果の有無がすぐに出るものの、動画広告YouTubeチャンネルは試行錯誤が必要になるため、動画活用すればライバルとの差別化がすぐに可能というわけではありません。
動画活用は、すぐに成果が出るものではなく、長期的な視野でコンテンツを育てていくものだと理解しましょう。

コンテンツ例

損害保険で動画活用として有効なコンテンツは以下のようなものがあります。動画活用を検討したものの、どのような動画を作れば良いか分からない場合に、参考にしてください。

商品説明動画

最もコンテンツとして有効なものは、商品説明動画です。実写動画では、実際に保険を利用している方のインタビュー映像、アニメーションを使い商品の特徴を紹介する動画までさまざまです。1つの商品に1つの動画で完結させるのではなく、利用者、利用検討者など段階に合わせた動画を作成しましょう。

ブランドイメージ動画

新卒採用に向けた動画コンテンツを作ることも可能です。保険会社は、どのようなサービスを展開しているのか、商品紹介をする動画や、企業パンフレットでは伝わりにくいことがあります。

ブランドイメージ動画を活用すれば、入社した社員がどのようなライフサイクルで働いているのか紹介するだけでなく、部署の詳しい解説をおこなうことも可能です。商品紹介動画とは別に、企業イメージ・ブランドイメージを向上する動画を作成しましょう。

研修動画

動画はユーザー向けだけではなく、社内の研修ツールとして活用することも可能です。社内で共有しているソフトウェアの操作方法から、新卒社員に向けたビジネスマナー紹介など、さまざまなコンテンツを作ることが可能です。

新入社員だけに使えるコンテンツだけではありません。研修動画で商品やサービスの知識等を共有すれば、営業レベルの引き上げ・利用者への説明内容のバラつき回避にもつながります。

社外へコンテンツを提供するだけでなく、業務の効率化・業績改善を目指すために動画コンテンツの導入を検討しましょう。

事例

損害保険会社には実際に動画を有効的に活用しているケースも多くあります。具体的にどのような活用事例があるのか、簡単に紹介していきましょう。

アクサダイレクト


アクサダイレクトでは、自動車保険の保険料がどのようなものかをアニメーションを活用して、コンパクトに分かりやすく紹介します。

パンフレットやWEBページでは伝わりにくい説明も、1分以内の簡単な動画で分かりやすく説明することが可能です。
商品紹介ページに動画を組み合わせて掲載すれば、より分かりやすく商品の魅力を紹介できるでしょう。

日本生命

日本生命では、商品を分かりやすく解説するだけでなく、ユーザーの事例に合わせた細かい説明をアニメーションで紹介しています。更に、チャンネル内にはさまざまな商品説明動画を投稿しているため、ユーザーが「この商品を契約した際、自分はどのようなケースに該当するのか」を知ることも出来るように工夫をしています。

チャンネル内では動画の色を出すために、「アニメーションは商品」「実写はタレントを起用したブランドイメージ向上動画」と色分けをして紹介しています。

損保ジャパン

損保ジャパンでは、商品紹介をするだけでなく、新卒採用を意識した動画コンテンツに力を注いでいます。コンセプトムービーだけでなく、部署の紹介、社員が出演する動画など、新卒者が入社後の自分をイメージできるようなコンテンツを多く発信することで、多くの新卒者に興味を抱いてもらう工夫をしています。

採用に力を入れたい企業様は、損害保険の商品紹介だけでなく、採用情報を具体的に紹介するコンテンツも併せて充実させると良いでしょう。

まとめ

・損害保険を説明しやすい
・動画活用で業務の効率化が可能
・動画コンテンツによって色分けが必要になる

損害保険は、商品の性質上ユーザーが理解するまでに時間が必要になる可能性があり、動画活用による認知度向上は必要不可欠です。新規顧客を獲得したいと検討している企業様は、動画活用を検討しましょう。

自社で動画制作のハードルがあり、導入が難しいと悩んでいる担当者さんには、「メディア博士」がおすすめです。3つの簡単なSTEPで動画が作成できる内製化支援ツールで、素材があれば、簡単に動画を作ることが可能です。動画活用を検討する際は、ぜひ当サービスをご検討ください。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?
  • メディア博士資料ダウンロード
  • 動画活用ウェブセミナー
  • マニュアルの作成・管理ツール「マニュアル博士」

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」 【ウェブセミナー】- 社内の誰もができる! -スマートフォンでの動画撮影テクニック

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約