3Dアニメーションを動画活用するメリット・効果について解説!|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
3Dアニメーションを動画活用するメリット・効果について解説!

3Dアニメーションを動画活用するメリット・効果について解説!

動画市場の拡大により、さまざまな映像コンテンツが注目を集めています。その中で、企業PVや商品紹介をする際に、3Dアニメーションを使用するケースもあります。
3Dアニメーションを導入すべきか検討している方のために、メリットや気をつけるべきことなどを紹介します。

3Dアニメーションのメリット・効果

3Dアニメーションを活用すると、どのようなメリットがあるのか、動画の効果について解説します。

空想の情報を視覚化できる

3Dアニメーションの最大のメリットは、実写では表現できないものを視覚化することが可能です。例えば、これから建設予定の商業施設がどのような建物になるのか、新築物件の完成イメージ、新しい商品の完成図など、まだ開発途中の商品を3Dアニメーションで表現することが可能です。
企業PV映像に3Dアニメーションを活用すれば、クールなイメージの映像を表現することも出来ます。

難しい内容を分かりやすく解説

3Dアニメーションを活用することで、商品やサービスの難しい内容を分かりやすく解説することも可能です。3Dアニメーションで特に効果が期待できる映像は、機械の内部構造を紹介する映像です。

ユーザーの目で確認できない箇所を3Dアニメーション化して、どのような仕組みで商品が機能しているのかを詳しく解説できます。
新製品の中に新技術を紹介する際は、3Dアニメーションを動画に活用し、商品の魅力を紹介してください。

営業用資料として活用が可能

3Dアニメーションをうまく活用すれば、営業用の資料としても活用が可能です。パンフレットからイメージがしにくい情報を3Dアニメーション化することで、スムーズな解説も可能です。
3Dアニメーションを活用することで、営業マンのプレゼン力も上がり、結果的に営業の効率化が可能になります。

インパクトを与えやすい

3Dアニメーションは構成をしっかり検討すれば、インパクトを与えやすいカッコ良くスタイリッシュな映像に仕上げることが可能です。
展示会などで、ディスプレイに3Dアニメーションをベースに制作した映像を流しておけば、商品やサービスの紹介はもちろんのこと、来場者の興味を惹きつけることも可能です。

構成案があれば映像を作成できる

3Dアニメーションでは、どのような映像を制作するか大まかな映像の構成とキャラクターデザインがあれば、映像として制作することが可能です。
構成案に沿って、アニメーションを構築するため、実写のような撮影の手間を省くことが可能です。

実写のような撮影の手間を省き、インパクトのある映像をユーザーに発信したいと検討しているのであれば、3Dアニメーションがおすすめと言えるでしょう。

3Dアニメーションを魅力的なコンテンツにするために気をつけること

3Dアニメーションを魅力的なコンテンツにするために、以下の項目に注意をしながら動画を作成してください。

プロに依頼をするとコストが高い

アニメーションを得意とする制作会社に制作を依頼すると、コストが高くなる可能性があります。作品の内容にもよりますが、1本あたり30万円以上コストがかかってしまうこともあります。

フリーランスのアニメーターに依頼をしてコストを下げる方法もあります。オリジナルキャラクターを活用した動画を検討しているのであれば、キャラクターデザインをイラストレーターに発注し、デザインを元にアニメーターに映像を作ってもらう工程が必要になるため、結果的にコストが高くなってしまうことも考えられます。

実写映像に比べて比較的コストが高くなるため、制作する際は予算をあらかじめ設定しておくことをおすすめします。

制作技法が特殊

3Dアニメーションを制作するためには、専用のソフトを使用する必要があります。映像編集に慣れている人でも、ある程度の知識が無ければソフトを使いこなせないため注意が必要です。
3Dアニメーションを自作で制作する場合は、専門的な知識が必要になるため、素人でも比較的負担なく映像制作が可能な支援ツールの導入を検討してください。

キャラクターの設定を細かく検討する

3Dアニメーションを作成する際に、特定のキャラクターを登場させる場合は、キャラクター設定を慎重に検討する必要があります。キャラクター設定を細かく検討することで、作品に登場するキャラクターの魅力を細部まで表現することが可能です。特定のキャラクターを登場させる際は、キャラクター設定を細かく検討し訴求力の高い動画を作成してください。

絵コンテ・字コンテを作成する

実写と異なり、さまざまな表現な可能な3Dアニメーションでは、スタッフ同士のイメージが共有できないことがあります。「空を飛ぶ」と言われても、どの程度飛んでいるかは人によってさまざまです。異なった認識の状態で動画を作成すると、再度制作する必要があります。

制作者同士の認識を共有するために、どのような映像を作成するか必ず絵コンテ字コンテを作成し、認識のズレが無いようしてください。

3Dアニメーションを動画活用した事例

3Dアニメーションを動画に取り入れた事例は、実際にどのような作品があるのでしょうか。実際に3Dアニメーションを取り入れた動画事例を紹介します。

アシックス


アシックスでは、最新のシューズの性能を発表するために、アニメーションとVRを組み合わせた映像コンテンツを制作しました。ユーザーが気になる商品に目を向けると、動画内に詳しい解説が表示され、ユーザーが気になる商品の機能を知ることが可能になります。
3DアニメーションはVRとの相性もよく、VRと組み合わせることで、より訴求力の高い映像を作り上げることができます。3Dアニメーションで映像制作を検討する際は、VRのような他の表現技法ともうまく組み合わせられないか検討してください。

うたスタ


3Dアニメーションを商品紹介や、企業PVコンテンツではなく、エンタメ要素の多い動画を検討しているのであれば、知育3Dアニメがおすすめです。
3Dアニメーションを活用すれば、小さなお子さんでも楽しめるエンタメ性豊かなコンテンツを作りあげることが可能です。

映像の構成をアニメーションの動きのみで表現すれば、海外にも発信できる作品を作ることが可能です。
すぐには成果が出ない可能性がありますが、コンテンツを入念に検討すれば、多くの視聴者の目に留まる可能性があります。

リコー


リコーでは、次世代のホワイトボードがどのような商品なのか、実写映像と3Dアニメーションを組み合わせながら分かりやすく紹介しています。
新しい商品が、どのような形で使われるのか分かりやすく解説するために、実写映像と組み合わせた3Dアニメーション映像も有効です。

商品紹介パートは、3Dアニメーションでおこない、ユーザーがどのような形で利用できるのかを実写パートで表現すれば、より訴求力の高い動画が期待できます。
3Dアニメーションを利用する際は、実写との組み合わせも検討したうえでコンテンツを制作しましょう。

まとめ

・3Dアニメーションはインパクトのある映像が可能
・難しい映像を分かりやすく表現できる
・映像には専門的な知識が必要

3Dアニメーションを動画活用することで、イメージが難しい映像を分かりやすく表現が可能です。今回紹介したポイントに注意をしながら、商品やサービスの魅力を発信しましょう。
自社で制作が難しい場合は、アニメーションを得意としているプロか、フリーランスのクリエイターに依頼をし、訴求力の高い動画制作をおすすめします。

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら