オーディオ業界の動画活用の効果・メリットは?|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
オーディオ業界の動画活用の効果・メリットは?

オーディオ業界の動画活用の効果・メリットは?

動画市場が拡大したことで、さまざまなコンテンツを活用されています。オーディオ業界でも動画を活用することで自社の商品や、ブランド認知度を高めることが可能です。

本記事では、オーディオ業界における動画活用をすると、どのようなメリットや効果があるのか、具体的な活用例を踏まえて詳しく解説します。
オーディオ業界で、動画市場に参入を検討している方は必見の内容となっていますのでぜひ参考にしてください。

動画活用のメリット・効果

動画活用するとどのようなメリットや効果があるのか、詳しく解説をします。

ブランド認知度

動画活用をすることで、自社ブランドの認知度を高めることが可能です。パンフレットや実店舗で自社商品を紹介しても、特定のユーザーにしか「ブランド認知度」を高めることが出来ない状況がありました。

一方で動画はパンフレットの文字よりもさまざまな情報を発信することが可能です。動画は文字に比べて数倍の情報量を発信することが可能です。30秒〜1分程度の動画でも、従来のチラシ、パンフレットに比べて情報量を多く発信でき、魅力を最大限伝えることが可能になります。動画で自社ブランドの魅力を発信する動画を作成すれば、認知度を高めるだけでなく、多くのユーザーに認知してもらうことが期待できます。

プロモーションビデオとしての活用も可能

ブランドの認知度を高めるだけでなく、プロモーションビデオとして動画活用も可能です。プロモーションビデオを利用すれば、営業ツールとして役立てることも期待できます。製品の特徴を紹介した動画コンテンツを作成し、取引先にプレゼン資料として紹介すれば、クライアントとイメージを共有した状態で営業が可能になります。

展示会などで、プロモーションビデオをディスプレイに表示すれば、製品の補足情報としてユーザーに対して分かりやすく説明することも可能になります。

手軽に発信ができる

動画作成のハードルは低くなり、専用のビデオカメラや編集ソフトを持っていなくても、スマホさえあれば、簡単に動画作成が可能になります。
リリースした商品を実際に社員が魅力を紹介するレビュー映像から、展示会やイベントなどのリアルタイムな情報を動画でリアルタイムで発信し、ユーザーへの興味関心を惹きつけるなど、さまざまなコンテンツを手軽に発信が可能です。

動画作成方法によっては、低コストでの動画作成も可能なので、動画コンテンツを作る際は、低コストで出来るコンテンツはどのようなものがあるのかを考えたうえで発信を心がけましょう。

動画コンテンツの魅力を最大限引き出す方法

オーディオ業界の動画を魅力的に発信するためには、次のことを意識しながら動画制作をおこないましょう。

ターゲットを明確にして動画を作成する

動画を作成する際は、ターゲットを明確にして動画を作成しましょう。オーディオ機器の中には、初心者向けの機器もあれば、上級者向けの機器もあります。
動画を見て欲しい視聴者は、どのようなユーザーかイメージをしながら動画制作をしてください。

専門的な情報を分かりやすい言葉で解説する

オーディオ機器の紹介する際には、初心者でも理解できる内容を意識しながら動画コンテンツを作成してください。最低限知って欲しい用語があれば、用語や知識を紹介する動画コンテンツを作成し、初心者がページを離脱しないような工夫を検討してください。

プラットフォームに合わせた動画コンテンツを作成する

SNSプラットフォームに合わせた動画コンテンツを作成することも、訴求力の高い動画を作成するためには検討する必要があります。TikTokの場合は、短い動画で視聴者に興味を惹きつける必要があります。そのためオーディオ機器を機器を解説するコンテンツよりも、聴き比べなどのコンテンツを作成し、瞬時に商品の魅力が理解できるといった仕掛けが必要です。

プラットフォームに適したコンテンツは何かを検討しながら、動画を作成しましょう。
この時、SNSプラットフォームで動画を数本投稿しても拡散されない可能性があります。SNSでは継続的な動画投稿が大切です。諦めるのではなく継続的に動画を発信してください。

著作権に注意をしながら動画コンテンツを作成する

オーディオ動画を制作する際、「音質」などを比較したコンテンツを制作しようと検討しているのであれば、著作権に問題がないか事前に確認をしておく必要があります。

著作権を侵害してしまう動画コンテンツを作成すると、視聴者からの信頼度が無くなってしまう恐れがあります。聴き比べ動画を投稿する際は、フリー音源を使用し、著作権違反で投稿した動画が利用者の権利を侵害しないよう、注意をしてください。

フリー音源を使用する際も、場合によっては制作者への許可が必要なケースもあります。
事前に利用規約を確認し、音源を使用してください。

事例

オーディオ業界では動画活用して自社商品の認知度や購入に成功している企業も多くあります。具体的にどのような事例があるのか、動画事例を踏まえてご紹介しましょう。

ケンリックサウンド


ケンリックサウンドチャンネルでは、自社製品の音質がどの程度良いのか、聴き比べ動画を制作し、ユーザーに対して商品価値をアピールする動画を発信しています。

オーディオ製品を紹介する際は、動画で商品の特徴を紹介すると、ユーザーに対して高い訴求力を与え、購買意欲を促進することが可能です。
聴き比べ動画をおこなう際に、他社の製品を使用する際は、名前を伏せて紹介するなど、細かい点にも注意しながら動画を発信してください。

ステレオサウンド


ステレオサウンドでは、聴き比べ動画を上げるのではなく、製品の特徴をプロが細かく紹介し、ユーザーに対して分かりやすく解説をする動画を発信しています。
プロの目線で商品を紹介することで、ユーザーに伝わりにくい箇所も分かりやすく解説が可能です。

専門家だけではなく、ユーザーと対談形式で動画コンテンツを作成すれば、専門家の視点、ユーザーの視点から商品の魅力を紹介することも可能です。
オーディオ機器の性能を一方的に紹介するコンテンツを作成するのではなく、ユーザーにとってメリットが感じられるようなコンテンツを検討してください。

OTAI AUDIO


さまざまなオーディオ機器を取り扱うオタイオーディオは、お店で実際に取り扱っているオーディオ機器を聴き比べして、プロの目線によるおすすめポイントを紹介しています。
オーディオ機器を販売している店舗であれば、さまざまな商品を動画コンテンツとして紹介でき、動画概要欄に購入ページを表示すれば、ユーザーの購入の後押しをすることも可能になります。

さらに、同じスタッフを継続的に出演させれば、動画を視聴しているファンが実店舗に訪れ商品を購入する新たな導線の確保も可能です。

まとめ

・プロの目線で情報を発信すると伝わりやすい
・著作権に気をつけて動画コンテンツを作成する
・専門性の高い情報を視聴者が分かりやすいように解説する

オーディオ業界で動画活用をする際は、自社コンテンツとして継続的に発信できる動画は何かを検討し、集客を後押しするような動画制作を検討してください。プロの力を借りるハードルが高いと感じている企業様は、動画作成を支援する内製化サービスの利用がおすすめです。

メディア博士は、自社で動画作成を実現する支援ツールです。3つの簡単なSTEPで訴求力の高い動画を作成できます。ぜひ動画作成を検討している担当者様は当社にご相談ください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら