販促への動画活用の方法とポイントを成功事例をまじえながら解説!|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
販促への動画活用の方法とポイントを成功事例をまじえながら解説!

販促への動画活用の方法とポイントを成功事例をまじえながら解説!

年々マーケティングに取り入れる企業が増えてきている動画。
そんな動画は、ユーザーが商品を購入したりサービスを利用したりするきっかけを作る販促に活用されることも増えてきています。
今回は、事例などもまじえながら、企業の販促への動画の活用について紹介していきます。

販促への動画の活用に注目が集まっている理由

冒頭でも紹介したとおり、最近では販促に動画を活用する企業が増えてきていますが、なぜ動画を活用しようと考える企業が増えてきているのでしょうか?
販促への動画の活用に注目が集まっている4つの理由について解説していきます。

インターネットの技術が発達し、スマートフォンが普及したから

販促への動画の活用に注目が集まっている最大の要因と言えるのが、インターネットの技術の発達とスマートフォンの普及です。
インターネットの技術は日々進化をとげ、通信速度や通信環境が改善され続けています。
そんな中、場所を選ばずにインターネットに接続できる端末であるスマートフォンが広く普及したことで、誰もが気軽にインターネットにアクセスできるようになりました。
これにより、ユーザーが時間や場所を選ばずに動画を視聴するための土台が整ったわけです。

動画が一般的なものとして認知されはじめたから

インターネットの技術の発展とスマートフォンの普及によりユーザーに届けられることが多くなった動画広告動画コンテンツ
動画広告動画コンテンツは登場し始めた当時こそ一般的なものではありませんでしたが、YouTubeが登場し、ユーザーが増えるのと比例する形で一般的なものとして広く認知され始めました。
実際、YouTubeの人気はものすごく、2020年の9月時点では月間のユーザー数が6,500万人を突破したと発表されていますが、これは日本の人口の約半分以上にあたります。
参考:Think with Google「月間 6,500 万ユーザーを超えた YouTube、2020 年の国内利用実態──テレビでの利用も 2 倍に

成約率が高いから

後ほど詳しく解説しますが、動画は、テキストや画像、音声よりも多くの情報をユーザーに伝えることができます。
また、臨場感が伝わるため、よりイメージしやすくなるというメリットも備えていますが、それらのメリットによってもたらされるのが高い成約率です。
動画コンテンツの成約率の高さは非常に注目されていて、動画の成約率の高さを活かしたライブコマースは、今後インターネットを活用した通信販売の主流になっていくと言われています。

BtoBにも活用できるから

BtoBとの相性の良さも、販促への動画の活用に注目が集まっている理由の一つです。
BtoB向けの商品やサービスは一般的な消費者向けの商品やサービスに比べて内容が複雑になってしまいがちです。
そのため、テキストや画像をメインとする資料を使った営業ではイマイチ商品やサービスの良さが伝わらず、成約につながりにくいという現状があります。

その点動画なら伝わる情報の量も多いですし、イメージしてもらいやすいというメリットがあるため、内容が複雑になってしまいがちなBtoB向けの商品やサービスの販促にもってこいだと言えるわけです。

販促に動画を活用するメリット

企業が販促に動画を活用するようになってきている背景には、動画の活用によって得られるメリットも大きく関係しています。
販促に動画を活用する5つのメリットについて解説していきます。

伝えられる情報の量が多い

動画コンテンツには、テキストや画像、音声だけのコンテンツよりも伝えられる情報の量が多いというメリットがあります。
動画コンテンツはテキストと画像で構成されたコンテンツの5,000倍の情報量を含んでおり、1分間の動画の情報量は3,600ページのWebページに相当するほどです。
ユーザーは3,600ページにも及ぶWebページを呼んではくれませんが、1分間の動画なら見てくれます。
これは販促活動をおこなっていく上で非常に大きなメリットになります。
参考:株式会社チェリービー「情報量5000倍!伝えるために動画が最適な理由

内容を理解してもらいやすい

動画は、

・テキスト
・画像
・イラスト
・音声
・アニメ

などさまざまな表現方法を用いて構成することができます。
テキストよりも画像やイラストの方が伝わりやすい場合は画像やイラストを用いることができますし、アニメーションの方が伝わりやすいと思えばアニメーションで表現することも可能です。
これにより、複雑な内容であっても、しっかりと理解してもらえるコンテンツを作ることができるようになります。

イメージしてもらいやすい

動画は、

・テキスト
・画像
・イラスト
・音声
・アニメ

などさまざまな表現方法を使って構成することができるため、ユーザーにイメージしてもらいやすというメリットもあります。
例えば、商品の詳細や使用している様子を伝える場合、テキストや画像だけでイメージしてもらうのは困難です。
一方、動画コンテンツの場合は、商品の詳細や使用している様子を動画として伝えることができますし、さまざまな表現方法を用いることができるため、よりユーザーにイメージしてもいやすくなっています。

購買意欲を高めることができる

ここまで紹介してきた、

・伝えられる情報の量が多い
・内容を理解してもらいやすい
・イメージしてもらいやすい

などの特徴により、動画コンテンツは、その他のコンテンツよりもユーザーの購買意欲を高められるというメリットもあります。
実際、静止画よりも動画の方が3.1倍も購入を促進しやすいというデータもあるほどです。
これも企業の販促活動において非常に大きなメリットになると言えます。
参考:SMMLab「BtoBの動画活用事例8選!営業・マーケティング活動のDXにカジュアル動画を活用しよう

コンテンツの拡充がはかれる

販促用として動画を制作した場合、コンテンツの拡充がはかれるようになるというのもメリットの一つになります。
ホームページやECサイトに動画を掲載したり、YouTubeのチャンネルを開設して製品やサービスを紹介したりすることも可能です。
また、SNSに動画をアップするのも効果的です。
コンテンツはユーザーとの貴重な接点になりますが、その接点を設け、魅力的なコンテンツが届けられるというのは大きなメリットになるはずです。

販促における動画の活用法

販促に動画を用いる場合、どのように活用していけばいいのでしょうか?
具体的な4つの活用方法について解説していきます。

店頭

販促における動画の活用方法の一つ目が、店舗で販促動画を流すというものです。
商品やサービスを紹介する動画や、使い方や活用方法を紹介する動画を制作し、店舗内で流すことでユーザーの興味をひけるようになります。

広告

広告も販促における動画の活用方法の一つです。
最近はテレビCMなどのマス広告だけでなく、YouTubeなどのプラットフォームやアドネットワークで流す動画広告も流行ってきています。
広告は出稿費用がかかりますが、早ければその日のうちに効果を実感できるので、スピード感を持って販促活動に取り組みたい場合におすすめです。

YouTube

YouTubeでチャンネルを開設するのも販促における動画の活用方法の一つです。
開設したチャンネルに商品やサービスを紹介する動画などをアップし、ユーザーに視聴してもらう形で活用していきます。
動画がメインのメディアを作るといったイメージです。
YouTubeを利用するユーザーが増え、一般にも広く浸透してきていることを考えると、今最も勢いのある活用方法と言えるでしょうか。

SNS

拡散を狙いたい場合は、拡散力のあるSNSを活用するのがおすすめです。
ユーザーが思わず手をとめてしまうような動画を制作してアップすることができれば、拡散され、信じられないような効果を発揮してくれることもあります。

販促への動画の活用を効果的におこなうポイント

販促への動画の活用をできるだけ効果的におこなうには、効果的におこなうための「ポイント」を把握しておく必要があります。
販促への動画の活用を効果的におこなうための7つのポイントについて解説していきます。

ターゲットを明確にする

販促のための動画を制作する場合、ターゲットを明確にしなくてはいけません。
ターゲットが明確になっていない動画は誰にも届きませんし刺さりませんので、「その動画を誰に届けたいか」を意識して動画を制作するようにしましょう。

目にとまる動画を作る

販促用の動画を制作する場合、その動画を目にしたターゲットユーザーが動画を視聴してくれるかどうかについても意識しなくてはいけません。
ターゲットユーザーが欲している情報を盛り込んだ、思わず見入ってしまうような動画作りを意識しましょう。

バズを意識する

動画を配信するプラットフォームとしてSNSの利用を考えているのであれば、SNSの拡散力を活用しない手はありません。
自分がターゲットユーザーだった場合、「どういった動画なら拡散したくなるか?」を意識して動画を作るようにしましょう。

導線をわかりやすくする

販促に動画を活用するのであれば、動画を見てもらった後のことも考えなくてはいけません。
動画を視聴した後、ユーザーが商品やサービスの詳細ページにアクセスする導線をできるだけシンプルでわかりやすいものにしておくのを忘れないようにしましょう。

ABテストを実践する

どれだけ優れたマーケッターであっても、いきなり成果の高い動画を作るのは不可能です。
ABテストを何度も繰り返すことで、初めて大きな成果をあげられる動画が完成します。
複数の動画を配信してユーザーの反応をとるABテストを実施し、動画をよりよいものに改善していくようにしましょう。

他社との差別化を図る

販促用の動画を作る場合、他社と同じような動画や他社をマネた動画を作っても意味がありません。
他社の動画の中に埋もれてしまうだけです。
どんな小さな違いでも構わないので、他社との差別化を図るポイントを設定し、オリジナリティのある動画を作るようにしましょう。

プロにサポートしてもらう

スピーディーかつ効率的に動画の制作を進めていきたいのであれば、動画の制作や動画の活用のプロにサポートしてもらいながら取り組むのがおすすめです。
費用はかかりますが、効率的に進められる上に、動画での販促を成功させる確率を高められるようにもなるので、ぜひ検討してみてください。

販促における動画の活用事例

実際に販促に動画を活用している企業の活用事例は非常に参考になるのでチェックするべきです。
販促における動画の活用事例を2つ紹介していきます。

リスタチャンネル

「リスタチャンネル」は神戸にあるDIYショップが運営しているYouTubeチャンネルです。
このリスタチャンネルでは、自社の製品を使っておこなうさまざまなDIYのハウツー動画がアップされています。
動画の概要欄にはECサイトへのリンクが貼られていて、自然に誘導できている点も非常に参考になります。
リスタチャンネル:https://www.youtube.com/user/restachannel

Anker Japan

モバイルバッテリーで有名な「Anker」。
Anker JapanのYouTubeチャンネルでは製品を紹介する販促動画が多数アップされています。
どれも短い動画ばかりですが、どのようにして使用するのかについてもしっかりと紹介されていて、ユーザーの購買意欲を高めるのための施策として動画を上手く活用しています。
Anker JapanのYouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/AnkerJapan/featured

まとめ

今回は、販促への動画の活用について紹介してきました。
インターネットに関する技術の発展やスマートフォンの登場、動画コンテンツの一般化によって、販促に動画を活用する企業が多くなってきています。

これからは5Gが本格的に広まって、より気軽に動画を視聴できる環境になっていくため、この流れが加速していくのは明白ですが、そうなってから販促への動画の活用をスタートさせてしまうと他社に遅れをとってしまいかねません。
そのため、今回紹介してきた内容を参考に、ぜひ販促への動画の活用に取り組まれてみてはいかがでしょうか?

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら