キャンペーン動画とは?キャンペーンに動画を活用することで得られる4つのメリット|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
キャンペーン動画とは?キャンペーンに動画を活用することで得られる4つのメリット

キャンペーン動画とは?キャンペーンに動画を活用することで得られる4つのメリット

新しい製品や新しいサービスを売り出す場合や、既存の製品やサービスの販売促進のためにおこなわれる期間限定のマーケティング施策、「キャンペーン」。
最近では、キャンペーンに動画が用いられる事例が増えてきています。

今回は、実際に動画を用いておこなわれたキャンペーンの事例をまじえながら、今注目の「キャンペーン動画」について紹介していきます。

キャンペーン動画とは?

キャンペーン動画とは、その名のとおりキャンペーンに活用される動画です。
スマホやタブレットが広く普及したことで、ユーザーはいつでもどこでもインターネットにアクセスできるようになりました。
また、通信環境が整ったことで、データの容量が大きくなってしまいがちな動画もスムーズにダウンロードして再生できるようになりました。

この時代の変化によって企業のマーケティングに動画が用いられることが増えてきたわけですが、今では企業のキャンペーンにも動画が活用されるようになり、キャンペーン動画として認知されるようになってきています。

キャンペーンに動画を活用するメリット

企業がキャンペーンに動画を活用するようになったのは時代が変化したからでもありますが、動画を活用することでさまざまなメリットが得られたり、期待できたりするからでもあります。
キャンペーンに動画を活用するメリットについて解説していきます。

さまざまな媒体で発信できる

インターネットの技術が発展して動画などの大容量データのダウンロードに時間がかからなくなったことで、さまざまな媒体で動画を発信できるようになりました。
代表的な媒体としては、

・Webサイト
・SNS
・動画配信プラットフォーム
・Web広告


などがあげられます。
特に注目なのがSNSで、TwitterInstagramFacebookなどのSNSは数千万人が利用しているため、多くのユーザーにキャンペーンの情報を届けることができます。
また、YouTubeTikTokといった動画配信プラットフォームも多くのユーザーが利用していますし、動画広告についても、Webサイトだけでなくアプリを利用しているユーザーに向けて配信することも可能です。

このように、キャンペーン動画はさまざまな媒体でさまざまなユーザーに向けて発信できるため、より多くのユーザーにキャンペーンのことを認知してもらえるという大きなメリットがあります。

短い時間で多くの情報を伝えることができる

キャンペーンは、「応募者の中から抽選で〇〇名様に〇〇をプレゼント!」のように、ユーザーに参加してもらう必要がある施策であることがほとんどです。
細かな参加条件が設けられていることも少なくありませんが、そういった条件についてテキストや画像で告知する場合、どうしても長文になってしまいます。

しかし、ユーザーは基本的にテキストを読みたがりません。
そのため、「おもしろそうだな」と思って少し興味を持ったとしても、キャンペーンの概要や条件を確認するのがおっくうに感じ、離脱してしまいます。
この問題を解消してくれるのが、キャンペーン動画です。
動画は、

・映像
・音声
・テキスト
・画像
・アニメーション
・CG


など、さまざまな方法を駆使してユーザーに情報を届けることができます。
その情報量の多さは、テキストと画像で構成されたコンテンツの5,000倍とも言われています。
短い時間で多くの情報をユーザーに届けることができるので、ユーザーが感じるストレスが軽減され、手を止めて視聴してもらいやすくなります。

ユーザーの興味をひきやすい

ユーザーの興味をひき、手を止めて注目してもらいやすいというのもキャンペーン動画のメリットの一つです。
特にSNSや動画配信プラットフォームの場合、設定を変更しない限り動画は自動的に再生されるようになっています。SNSのタイムラインをスクロールしながら眺めていて、動画のところでつい手を止めてしまったという経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか?

人間は動くものをつい無意識に目で追ってしまうという習性があるので、自動で再生された動画に、つい注目してしまうわけです。テキストや画像だけだとスルーされてしまいやすい内容でも、キャンペーン動画なら手を止めて視聴してもらいやすいというわけですね。

キャンペーン情報はユーザーに興味をもってもらえないと効果を発揮しませんので、興味をひきやすいという点は、キャンペーン動画ならではの大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

拡散されやすい

キャンペーン動画を配信する場としてSNSを活用する場合のメリットが、情報の拡散力の高さです。
キャンペーンの内容やキャンペーン動画の内容にもよりますが、SNSはシェア機能を使ってユーザーが気軽に情報を拡散できるようになっているので、より多くのユーザーにキャンペーンの情報をリーチできるようになります。

また、商品をプレゼントするキャンペーンを実施する場合、投稿をシェアすることをキャンペーンへの応募の条件にすれば、より拡散力を高めることができます。

キャンペーン動画の活用事例

キャンペーンに動画を活用するとさまざまなメリットが期待できるようになるということがわかったものの、具体的にどう活用すればいいのかわからないという方のために、参考になる活用事例を3つ紹介していきます。

サントリー

サントリーの人気商品である烏龍茶をPRするキャンペーンにキャンペーン動画が活用された事例です。
「食べてもいいぜ」というキャッチコピーが耳に残るキャンペーン動画で、人気芸人のサンドウィッチマンが、好きなものを好きなだけ食べる場合のおともとしてサントリーの烏龍茶を紹介しています。

こちらのキャンペーン動画は、ただ既存の人気商品をPRするだけでなく、サントリーのSNSアカウントをフォローしてもらうことでLINEのポイントが1,000名にあたるといというキャンペーンになっています。

ゆうちょ銀行

TwitterからWebサイトの専用ページへと誘導し、そのページ内でキャンペーン動画を視聴してもらうという形をとっているのが、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」の事例です。
こちらの事例は、ゆうちょPayの公式ツイッターアカウントをフォローし、投稿をリツイートすると、毎月2,000名にデジタルギフトが当たるというキャンペーンになっています。

Twitterの投稿に動画が埋め込まれているわけではないのでユーザーの興味を引くという点では見劣りしてしまいますが、フォローとリツイートをうながしているので、フォロワーの増加と投稿の拡散という点では大きな効果を発揮してくれています。

また、ページに掲載されているキャンペーン動画には触れる動画として話題の「インタラクティブ動画」が採用されていて、ユーザーの興味をひいています。
個人向けの動画だけでなく法人向けの動画を用意していたりと、Webページという特徴を上手く活用している事例で、SNSからWebページに誘導するという形でキャンペーン動画を活用していきたい場合に参考になる事例となっています。

参照:ゆうちょPay公式Twitter フォロー&リツイートキャンペーン

まとめ

今回は、キャンペーン動画について紹介してきました。
キャンペーン動画は、企業が実施するキャンペーンをより多くのユーザーにリーチしたり、より多くのユーザーにキャンペーンに参加してもらうための手段として非常に優れています。
SNSのシェア機能を通じてより多くのユーザーに拡散されるというのは、キャンペーン動画の非常に魅力的なメリットの一つです。

キャンペーンの実施を検討されている企業や、マーケティングに動画の活用を検討している企業の担当者の方は、今回紹介させてもらった事例を参考にしながら、ぜひキャンペーン動画の活用を前向きに検討されてみてはいかがでしょうか?

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら